slider image slider image slider image slider image slider image slider no image slider image

ルイ・ヴィトン「スピンタイム」  ルイ・ヴィトンウオッチに関する重要なテーマとは何か?
画像(GINZA RASIN ヤフー店)よりルイ・ヴィトン「スピンタイム」ルイ・ヴィトンは2002年に高級時計市場に参入してきましたが、現在では軌道に乗っていますね。スイスのジュネーブ郊外に4000平方mという広大な「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」新工房を稼働。ムーブメントも外装も実に自由度の高い腕時計をルイ・ヴィトンは制作しています。ハムディ・シャティ氏ルイ・ヴィトン マルティエ ウォッチ&ファインジ...

パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010  ノーチラスをデザインした、ジェラルド・ジェンタならではの哲学とは?
パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010画像(GINZA RASIN ヤフー店)より1976年にお披露目されたパテックフィリップ のスポーティーモデル「ノーチラス」オクタゴン型(八角形)のフォルム潜水艦の窓からヒントを得た、丸みのある八角形ベゼル。左右にあしらわれた耳が特徴のデザインになっている。ちなみにこの「耳」は防水性の為にあしらわれた形状ではあるが、同時に薄さにも貢献しているデザイン。スポーツウォッチ...

超人気モデル「ロレックス コスモグラフ デイトナ」に関する、6つのミステリー。
超人気モデル「ロレックス コスモグラフ デイトナ」2017年度において、最も欲しい腕時計として人気トップになったモデルです。スチールベゼルから、セラミックベゼルにモデルチェンジしたことが人気に拍車をかけました。現在も流通してから品薄で、以前として価格は高値のままです。今回「ロレックス コスモグラフ デイトナ」に関する6つ謎を解説します。(どうして、ロレックスデイトナは人気なの?)(答え)常に、未知のジャン...

A.LANGE&SOHNE  ランゲ&ゾーネ グランド ランゲ1  数ヶ月かけて組み立てた時計を、一旦ばらしてしまう秘密とは?
A.LANGE&SOHNE  ランゲ&ゾーネ グランド ランゲ1ランゲ1を小さすぎると感じるユーザーの為に、大型41㎜のグランド・ランゲ1が存在する。2012年スイス・ジュネーブで開催されたSIHH(ジュネーブサロン)で、A.ランゲ&ゾーネは「グランド・ランゲ1」をお披露目しました。やはり注目すべきは左右非対称デザインですね。センターではなく、オフセンターに時計表示を配置。しかも右下に配置されたセコンドダイヤルも大き目で、自己主...

ブレゲ クラシック 7147(Classique 7147 BREGUET)  かつての王族達が愛した、初代ブレゲデザインをそのまま腕時計として愉しむ事が出来る
ブレゲ クラシック 7147BB/12/9WU現在流行しているフラットなドレスウォッチですが、なんとフランスブランドブレゲの自動巻き。厚さ2.4mmの機械式ムーブメントを搭載。自動巻きながらケースの厚みは6.1mm。スーツやドレスシャツを着用し易い極薄の仕様になっている。18世紀にアブラアン・ルイ・ブレゲ氏が考案したギョーシェ彫り。文字盤は一見シルバーに見えますが、実は18金の文字盤をシルバー仕様に仕上げたもの。(18金を...

エルメス ケープコッド (HERMES CD1870671MHA)  美しい曲面を描いたケースと文字盤製造の秘密とは?
時計ブランドとしてのエルメスは、実にユニークな存在だ。スイスにエルメス自社工場を構える他、自社エクスクルーシブの品質の良いムーブメントも保有。自社ムーブメント志向を持つブランドでもある。(エルメスは機械式ムーブメントの名門ヴォーシェ社に資本参加。エルメスのためだけのエクスクルーシブ・ムーブメントを持っている)更にスタイル面デザイン面でも、優雅なデザインが特徴だ。機械式腕時計の分野においても、エルメ...

家具作家 近藤正樹氏 椅子と私 (動物と椅子を融合したデザイン)
表参道ヒルズで近藤正樹氏の椅子作品展示会が行われていたので立ち寄りました。ちなみに入口近くに展示してあった作品は「白鳥」という作品だそうです。まさか白鳥の椅子にお出迎えされるとは……。生物の様な素敵な椅子がフロアーに展示されていました。おお、椅子が天井を飛んでいる!これは「コブラ」ではないですか?まるで動物園に迷い込んだ気分です。見た目だけではなく、座り心地も良く快適性重視。これは「マンタ」だそうで...

ルイ・ヴィトン「スピンタイム」  ルイ・ヴィトンウオッチに関する重要なテーマとは何か?

ginzarasin_u-q11c3.jpg
画像(GINZA RASIN ヤフー店)より
ルイ・ヴィトン「スピンタイム」

ルイ・ヴィトンは2002年に高級時計市場に参入してきましたが、現在では軌道に乗っていますね。
スイスのジュネーブ郊外に4000平方mという広大な「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」新工房を稼働。
ムーブメントも外装も実に自由度の高い腕時計をルイ・ヴィトンは制作しています。


jyrshsr.jpg
ハムディ・シャティ氏

ルイ・ヴィトン マルティエ ウォッチ&ファインジュエリー ヴァイスプレジデント
1967年スイス生まれ。
1993年リシュモングループ ピアジェで経験を積む。
その後ハリー・ウィストンやモンブランに在籍。
2012年ルイ・ヴィトン ウォッチ&ジュエリーの総責任者に就任。


ハムディ・シャティ氏はルイ・ヴィトン腕時計製造体制を強化することになどに、大いに腕を振るっています。

2012年ルイ・ヴィトン ウォッチ&ジュエリーの総責任者に就任した途端の動きが実にアグレッシブでした。
ムーブメント製造工房「ラ・ファブリク・デュ・タン」とダイヤル製造専門の「ルマン・カドラン」をいち早くルイ・ヴィトン傘下に。
その理由はデザイン面の強化だけではなく、高級機械式腕時計としての性能強化も目的としていた。

現在ムーヴィメント・ダイヤル製造・デザイン・組み上げなどの全部門をジュネーブに集約。
「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」新工房を遂に稼働させ、万全の製造体制を敷いている。

つまり名前だけを使用するOEM ではなく、ムーブメント製造工房「ラ・ファブリク・デュ・タン」において、オリジナルの状態からヴィトン腕時計の企画~製造まで一貫して行っているのだ。


ginzarasin_u-q11c3_1.jpg
「エスカル スピン・タイム オトマティック」
スピン・タイムはルイ・ヴィトンらしい機能で、キューブを使って時刻やインティックスを示します。
キューブ自体が時計とインディックスの役割を果たす。

キューブに表記されている数字が現在の時間。
本来はキューブの4面が回転しながら数字→柄→数字→柄と、現在時刻を24時間単位で示すわけです。
このモデルは数字ではなく、宝石のカラーによって時間の進行具合が確認出来ます。

ginzarasin_u-q11c3_2.jpg
ginzarasin_u-q11c3_3.jpg
(旅をテーマにすることが、ルイ・ヴィトンウオッチに関する重要なテーマである)
どうして、ここまで時間表示にこだわっているかというと、「旅時計」としての機能性を求めたから。
ケースは、伝統のルイ・ヴィトンにのっとったタンブールのケース。
遠くから見ても厚みがあり太鼓をモデルにした丸形ケースは、ルイ・ビィトンの腕時計であるという事を象徴しているかのようだ。

タンブール スピンタイムは、ダイヤを敷いたラッカー文字盤の上を、ブラックダイヤモンドが時を表示する。
「旅時計」としての機能と、ドレスウォッチとしてパーティシーンに使用することを想定した華麗な装飾が施されているのだ。

これから「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」新工房から、更にオリジナル性の高いヴィトンウオッチが登場してくると予想出来る。
SALE ルイヴィトン タンブール スピンタイム Q11C3 中古 ボーイズ(ユニセックス) 腕時計

パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010  ノーチラスをデザインした、ジェラルド・ジェンタならではの哲学とは?

ginzarasin_u-57111a010_1.jpg
パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010
画像(GINZA RASIN ヤフー店)より
1976年にお披露目されたパテックフィリップ のスポーティーモデル「ノーチラス」
オクタゴン型(八角形)のフォルム
潜水艦の窓からヒントを得た、丸みのある八角形ベゼル。
左右にあしらわれた耳が特徴のデザインになっている。
ちなみにこの「耳」は防水性の為にあしらわれた形状ではあるが、同時に薄さにも貢献しているデザイン。
スポーツウォッチらしく機能性に富み、シャツなどの袖口にも引っかかりにくいのが特徴だ。
ginzarasin_u-57111a010.jpg
ケースは縦 38.0mm × 横 43.0mm。43mmは幅広いと感じるかもしれないが、理由は耳の部分が大きいせいだ。
大体着用すると40mm程度の感覚になるのでは?

時計好きの方には圧倒的なブランドですね。
200px-Gerald_Gentajyr.jpg
ジェラルド・ジェンタ
パテック フィリップ「ノーチラス」のデザイナーは、オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」、、IWC「インヂュニア」、カルティエ「パシャ」など数々の名作をデザイン。



1970年代の時計のデザイナーは分業制だった。あるデザイナーはケースをデザイン、あるデザイナーは文字盤を設計、そしてあるデザイナーは針……といった具合だ。
ジェラルド・ジェンタの画期的な点は、デザイナーとして時計のデザイン全体を担当したことである。
彼は、宝石&装飾関係を学んでいたこともあって、装飾類などの着用感を良くする事を哲学として持っていた。

パテックフィリップ ノーチラスがなぜ薄型なのか? それは徹底して着用感を重要視したから。
ジェラルド・ジェンタならではの哲学だったのでしょう。
正に、薄さ=付け心地の快適性。

ノーチラスには画期的な12気圧防水を与える事にも成功。
これだけ薄いのに、12気圧防水というのも驚異的。
オーデマ・ピゲ、ブルガリ、カルティエ などの有名ブランドが、積極的にジェラルド・ジェンタのデザインを採用してきたのもうなずけます。
ginzarasin_u-57111a010_2.jpg
ムーブメントには同社の高い技術力が生み出した自動巻きCal.324SCを搭載。
(キャリバー 324 S C - 自動巻ムーブメント)

パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010 中古 メンズ 腕時計

超人気モデル「ロレックス コスモグラフ デイトナ」に関する、6つのミステリー。

ginzarasin_n-116500lnwh.jpg
超人気モデル「ロレックス コスモグラフ デイトナ」
2017年度において、最も欲しい腕時計として人気トップになったモデルです。

スチールベゼルから、セラミックベゼルにモデルチェンジしたことが人気に拍車をかけました。
現在も流通してから品薄で、以前として価格は高値のままです。

今回「ロレックス コスモグラフ デイトナ」に関する6つ謎を解説します。
1479374692855548.jpg

(どうして、ロレックスデイトナは人気なの?)
(答え)常に、未知のジャンルに挑戦し続けたブランドだから。

例えば1931年に自動巻きが普及していなかった時代に、超効率性の高い自動巻きローター、ペイパーチュアルの開発に成功。
更には防水性、耐久性にこだわったスポーツウォッチという分野を確立。
また世界初のダイバーズウォッチサブマリーナなど、常に未知のジャンルへにチェレンジしていった実績は大きい。
ドーバー海峡遠泳を皮切りに冒険をイベント化して、高い広告効果をあげていった。

(ディトナの初登場はいつ?)
(答え)カタログには1964年に初登場。通説では1961年となっているが、実ははっきりしていない。

通説では1961年になっているが、実際にその時代にディトナの実物を確認した人物はいない。
ディトナの特徴であるクロノグラフ、タキメーターが付いたベゼル、文字盤の色が違うタキメーターのついたベゼルなどがついたモデルは1962、1963年には未記載だ。
1964年にカタログに「コスモグラフ」の名称で初めて記載されたが、試験的に1961年に販売された可能性はある。
その後1969年のカタログに「コスモグラフ ディトナ」の名称で初めて記載が確認された。
htesrgs34535332.jpg
「ディトナ」の名前の由来は?
アメリカカーレース「ディトナ・スピードウェイ」が由来になっている。
1963年に発行された「ディトナ USA]という書籍には、ロレックスUSA社長ルネ・デンタンの姿が掲載されている。
またその書籍には「ロレックスはディトナ・スピードウェイの公式時計」との記載もあることから、なんらかの記念モデルとして「ディトナ」の名称が与えられたのでは?
また先程述べた通り、その後正式に969年のカタログに「コスモグラフ ディトナ」の名称で、初めて記載が確認された。
maxresdefaultfwr.jpg
どうして、ディトナムーヴメントをロレックスは自社開発したの?
ロレックスは創設当初から、他社のムーブメントを採用することで経営の合理化を図りブランド力を育ててきた。
だが、ロレックスに自動巻きムーヴメント「エル・プリメロ」を供給してきたゼニス社が1999年に、ルイ・ヴィトンに買収。
自動巻きムーヴメント「エル・プリメロ」の供給が困難になる為、自社ムーヴィメントの開発に踏み切った。

また自社完全一括生産にすることで、様々なディトナモデルのニーズに対応出来る事もあったようだ。
いずれにしても、西暦2000年になってからロレックスは自社製ムーブメントを搭載したニューモデルをお披露目する事になる。


(~1969年)→「手巻き+非防水」
(1970~1987年)→「手巻き+防水」
(1988~2000年)→「自動巻き(ゼニス エル・プロメリ)+防水」


3415b70e46a107c241b72b988021deb8--vintage-vogue-covers-vogue-vintage.jpg

(ロレックスディトナブームはいつから始まったの?)
1988年。イタリアが人気の震源になった。
イタリア有名ファッション誌「ヴォーグ」が紹介したことがきっかけ。
イタリア人は時計好きが実に多く、イタリア中のディトナが買い漁られた。
この「事件」がヨーロッパで話題になり、今度はヨーロッパ中でディトナ人気が過熱することになる。
その後その波は日本に拡大。
日本の男性紙がこぞって「ロレックスディトナ」を取り上げた事から、日本国内においてもその人気が波及したのだ。
それから30年近くが経過したが、その人気が衰えを知らない。

今回
Moon-Landing-Hoaxgre.jpg

どうしてクロノグラフではなく、「コスモグラフ」という、名称なのか?
ディトナが登場した1960年代当時、米国NASAが主導したアポロ計画で、月面着陸を目指していた頃。
1965年にオメガスピードマスターがNASAに公式採用された事から、月面着陸用の高強度クロノグラフをNASAがその当時テストしていた事は間違いない。
それに合わせてのコスモグラフという名称というのが通説である。
ちなみにコスモグラフという名称は、50年代に製造した「ムーンフェイズ」モデルの名から流用された。
ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN ホワイト 新品 メンズ 腕時計
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド

A.LANGE&SOHNE  ランゲ&ゾーネ グランド ランゲ1  数ヶ月かけて組み立てた時計を、一旦ばらしてしまう秘密とは?


A.LANGE&SOHNE  ランゲ&ゾーネ グランド ランゲ1


ランゲ1を小さすぎると感じるユーザーの為に、大型41㎜のグランド・ランゲ1が存在する。
2012年スイス・ジュネーブで開催されたSIHH(ジュネーブサロン)で、A.ランゲ&ゾーネは「グランド・ランゲ1」をお披露目しました。
やはり注目すべきは左右非対称デザインですね。
センターではなく、オフセンターに時計表示を配置。
しかも右下に配置されたセコンドダイヤルも大き目で、自己主張しているようだ。
パワーリザーブインジケーターはドイツ語表記。

アウトサイズデイト 大きな表示をコンパクトな面積に収めたランゲが保有する技術
通常の4~5倍大きい日付表示は「アウトサイズデイト」と呼ばれ、ランゲの独創性や技術力の粋を集めたものだ。



A.LANGE&SOHNE  ランゲ&ゾーネ グランド ランゲ1の構成は理論整然としている。

「時計表示の起点→パワーリザーブ起点」を結んだ線が、ダイヤルを上下均等に二分割する平行線になる。

「アウトサイズディト→セコンドの起点」を貫く垂直線が、平行線に交わる所がパワーリザーブの起点になるように、巧妙に計算されているのだ。
そうする事で、シルバーのダイヤルにあしらわれている時計表示、アウトサイズデイト、パワーリザーブが干渉せず数学的な美しいバランスを維持している。



ランゲ&ゾーネ伝統の3/4プレート

サファイアクリスタルのシースルーバックからは、グラスヒュッテス・ストライプを間断なく施した銀製「3/4プレート」
この「3/4プレート」にはムーブメントの安定性を向上させる役割がある。
更にブルースチールのスクリュー、ゴールドシャトン留め、スワンネック型のビートエラー補正装置。


ゴールドシャトン……ムーブメント歯車の軸受けに使われる宝石の周りを、ゴールドのカップで覆ったもの。
それを更にブルースチールのビス留めで仕上げているのだから、高級感を演出できる。
ちなみのゴールドシャトン仕上げは最高級とされる。
ゴールドシャトン留めされているルビーの受け石は7つ。
それがランゲ&ゾーネ グランド ランゲ1の高級感を一層引き立てています。



プレートのカーブしている部分には、2万1600振動/時で動き続けるテンプが確認出来る。
更にハンドエングレービングで彫刻されたテンプ受けが豪奢ですね。



ランゲは何百もの部品を一度バラして、また組み立てる。
ランゲは職人の手によってて、何百という部品を二度組方式で制作された時計です。

数ヶ月かけて組み立てた時計を、なんと一旦ばらしてしまうのですよ。


一度目の組み立て……初期の組み立てはあくまで「調整を目的」とている為、微小な傷がついてしまう。
               だから磨きなどの作業は、一度目の分解後に行う。
二度目の組み立て……磨き上げ&エングレーピング(塗装)を終えた部品を組み立てる。ランゲは仕上げを最重要視しているブ                 ランドでもあるのだ。

ランゲ&ゾーネ A.LANGE&SOHNE グランド ランゲ1 117.025/LS1172AA 【新品】 時計 メンズ
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド

ブレゲ クラシック 7147(Classique 7147 BREGUET)  かつての王族達が愛した、初代ブレゲデザインをそのまま腕時計として愉しむ事が出来る


ブレゲ クラシック 7147BB/12/9WU

現在流行しているフラットなドレスウォッチですが、なんとフランスブランドブレゲの自動巻き。

厚さ2.4mmの機械式ムーブメントを搭載。
自動巻きながらケースの厚みは6.1mm。
スーツやドレスシャツを着用し易い極薄の仕様になっている。



18世紀にアブラアン・ルイ・ブレゲ氏が考案したギョーシェ彫り。

文字盤は一見シルバーに見えますが、実は18金の文字盤をシルバー仕様に仕上げたもの。
(18金をメッキ処理し、その上にシルバーパウダーをかけてブラシで仕上げた)

その18金の表面に施されているのが「ギョーシェ」掘り。ブレゲ先代からの伝統の手法だ。

ちなみに文字盤への装飾には鋲が規則的に並んでいる「クルー・ド・パリ」
更にはスモールセコンドに市松模様「ダミエ」と、ブレゲ伝統の装飾が施されている。

なんと0.1mm単位で彫刻を施しているのだから、恐れ入る。
プレス機などを用いず、ブレゲは可能な限り職人の手作業で「ギョーシェ」掘りを施しているのだ。


更にその彫刻に、シルバーのメッキで処理してある。
だから下地が18金なので、シルバーながら優美さを兼ね備えている。

ブレゲ クラシック 7147はシースルーバック仕様。
2.4mmオフセンターの自動巻きローター。搭載されるキャリバー「502.3SD」には腐食と摩耗への優れた耐性を持つ素材のシリコンをアンクルとひげゼンマイに使用する最先端モデル。
ブレゲのクラシカルなギョーシェ模様入りのダイアルに、最先端のキャリバーを搭載している点がユニーク。

(ケースサイドにコインエッジ模様のフルート模様を施してある)
「ブレゲ クラシック 7147」はブレゲの伝統が詰まった意匠だ。
針の先端に穴を穿った円をあしらった、ブレゲ針。
このブレゲ針のカラーリングは塗装ではなく、焼き止めする事で発色するブルースチールだ。
200px-Abraham_Louis_Breguet_02.jpg
アブラアム=ルイ・ブレゲ

フランス皇帝ナポレオン、ロシア皇帝アレクサンドル1世、オスマン帝国皇帝せりム3世などブレゲには王族の顧客が多かった。
「ブレゲ クラシック 7147」には初代ブレゲが制作した懐中時計のデザインを、そのまま引き継いでいる。
つまりかつての王族達が愛した、デザインをそのまま腕時計として愉しむ事が出来るのだ。

もし王族たちの仲間入りをしたとしても、十二分に使える腕時計なのでは?
ブレゲ クラシック 7147BB/12/9WU 新品 メンズ 腕時計

エルメス ケープコッド (HERMES CD1870671MHA)  美しい曲面を描いたケースと文字盤製造の秘密とは?



時計ブランドとしてのエルメスは、実にユニークな存在だ。

スイスにエルメス自社工場を構える他、自社エクスクルーシブの品質の良いムーブメントも保有。
自社ムーブメント志向を持つブランドでもある。

(エルメスは機械式ムーブメントの名門ヴォーシェ社に資本参加。エルメスのためだけのエクスクルーシブ・ムーブメントを持っている)
更にスタイル面デザイン面でも、優雅なデザインが特徴だ。

機械式腕時計の分野においても、エルメスは独自の存在感がある。
複雑式機械時計すら、コンセプトモデルをお披露目しているのだからちょっとしたものだ。

(デザイン性においてもエルメスは独自路線)
エルメスのアドバンテージはやはり様式美。
エルメスが得意とする革製品の技術と品質を、そのままエルメス製腕時計に投入しているのだ。
またエルメスケープコッドは、ベルトの交換が可能なのでベルトに応じて様々な表情に変化するのが魅力。



エルメスケープコッド 曲面が美しいケースデザイン&文字盤はエルメス傘下のスイス専業ブランドが担当

「ケープコッド」は、エルメス傘下の専業メーカーが担当。
実際に担当しているエルメス子会社は以下の通り。

ナテベール(文字盤担当)
1972年創業のダイヤル専業高級スイスブランド「ナテベール」が「ケープコッド」の文字盤を担当。
高級リゾート海岸の避暑地に押し寄せる波の形状をイメージして作られたと言われるのが通説。
(2012年にエルメスが買収)
マザーオブパールなどハンドメイドでの製造を得意とする。
文字盤製造の際には、原料から調達しする徹底ぶりだ。
実際に文字盤に使用する金属材料は、非常に多岐にわたる為に専業ブランドや職人の存在が欠かせないのだ。
ちなみに「ケープコッド」の文字盤のアラビア数字インデックスは、全てハンドメイドで職人が配置している。
エルメスが理想とする文字盤などのデザインにおいて、カラーリングやクォリティに即対応出来る子会社と言えるだろう。



ムーブメントの美しさを楽しめるスケルトンバック。

ジョゼフ・エラールイ(ケース担当)
腕時計ケース制作を得意とするスイスブランド ジョゼフ。エラールイ。
1880年創業の老舗ではあるが、2013年にエルメスが買収。
現在エルメス系腕時計のケースを一手に引き受けている。

金属加工技術に定評がある。ステンレススチール、金、希少金属などを扱うのが得意。
エルメス系ケースの製造において、ジョゼフ・エラールイが抱える職人が全てハンドメイド。

実際にハンドメイドでケース製造~研磨まで仕上げる
特に「ケープコッド」はケースにおいて、エルメス系腕時計独特の曲面を製造するのが困難だ。
エルメスは自社の世界観を腕時計という世界で表現する為に、ナテベールやジョゼフ・エラールイを傘下に入れたと言っていいだろう。


つまり2013年~現在に至るエルメス系腕時計のケース&文字盤は、このエルメス傘下の職人担当しているのだ。
スイスにおいて時計事業を本格的に始めたエルメスにおいて、やはり主力のレディースウォッチのデザインや品質に重点を置きたいという考えがあった。
エルメス系腕時計売り上げの80%はレディス系だが、ケープコッドは男性からの人気のエルメスモデル。
仕事用に愛用される方も多い。


エルメス 腕時計 HERMES CD1870671MHA ホワイト ゴールド ブラック

家具作家 近藤正樹氏 椅子と私 (動物と椅子を融合したデザイン)

DSCN4796a.jpg
DSCN4797.jpg
表参道ヒルズで近藤正樹氏の椅子作品展示会が行われていたので
立ち寄りました。
ちなみに入口近くに展示してあった作品は「白鳥」という作品
だそうです。
まさか白鳥の椅子にお出迎えされるとは……。
DSCN4792.jpg
DSCN4791.jpg

生物の様な素敵な椅子がフロアーに展示されていました。
おお、椅子が天井を飛んでいる!
DSCN4786.jpg
これは「コブラ」ではないですか?
まるで動物園に迷い込んだ気分です。
見た目だけではなく、座り心地も良く快適性重視。
DSCN4799.jpg
これは「マンタ」だそうです。
ラウンジチェアに近いかな? 
ヒレの部分に体を預けながら座る事の出来る椅子。
(なんと皮を編んだ、座面ですよ!?)
ドイツ人? に大変受けていました。
DSCN4795.jpg
羊?
ここは、牧場か? サファリパーク? 正に動物王国。
木と家具の不思議な融合。
でも、優しい感じがしていいものですね。

DSCN4782.jpg
アルコ 組み合わせられる机
5つのテーブルが、組み合わさって一つの独立したテーブルを形成。

DSCN4790.jpg
これは「デルタ」
名前の通り三角形という意味だろうか?
一瞬クラゲかと思ったけど。
なんとスタッキング可能なスツールでもあります。
DSCN4784.jpg
フーガ 実はこのスツールが一番好みだったりする。

特に脚部の曲線と、組み合わせが艶めかしくていいんですよ。
座面はシンプルだけど、やはり木の純粋な素材感を楽しめますし。



近藤正樹氏
アイスランドのジョセフ・ウォルシュ・ビスポークで3年間
家具製作をされていたとか。
現在は静岡で、動物をイメージした家具を製作されている。

にしても、手触り感がどの椅子もテーブルも最高なんですよね。
木目も繊細で美しいし。
しかもウォールナットなどの素材を使用しているので、自由度が
高い造形をしているのに、しっかりとした強度の安定感があります。

木の手触り感と曲線がこれほどセクシーなのかと、ショックを受け
ざるを得ない。
Tip Ton (ティップトン)