Post image

Wooden Chair ( Marc Newson マーク・ニューソン)Cappellini カッペリーニ社

イタリアカッペリーニのWooden Chair。凄い衝撃的なデザインですね。hhstyle.com 青山本店にて展示中。これ、どうやって座るのか思わず考え込んでしまいました。しかも、これ一本一本の木材を曲げ加工してある。こんな面倒くさい家具を作るのはカッペリーニ社らしいですね。一本一本計算して曲げ加工したかと思うと背筋が寒くなります。確かに最近マーク・ニューソンといえば、PENTAX K-01とかAuのデザインとかなんとなくデジタル...

Post image

Smoke Chair スモークチェア デザイナーMaarten Baas(マーティン・バース) moooi社 

オランダmoooi社のスモークチェアですね。なんと焼いた跡がある恐ろしい椅子です。一度椅子を焼いて、その上をクリアーな樹脂で固めた作品というのも攻撃的というか、かっこいいというか。デザイナーのMaarten Baasはどうも「これってかっこいいだろ!」という思いで椅子を燃やしてみたが、どうも専門家は「反権力の象徴」という解釈をしているそうです。ただし、個人的に評価していいと思う点は、それを「商品」として世に送り出...

Post image

KU DIR KA Rocking Chair クーデルカ ロッキングチェア デザイナー: Paulius Vitkauskas

なんと脚だけでロッキングチェアを完成させてしまった、奇妙なチェア。クーデルカ ロッキングチェア。椅子に腰掛ける時は何を期待していますか?安定感?安定感があると見せかけて、動きを表現した希少なロッキングチェア。こちらのチェアには、かわいらしい動きがあります。伝統的なロッキングチェアを未来的にデザインしました。ある意味、遊び心を利かせたハリウッド映画の様なファニーなチェア?なんだか座っていたら奇妙なイ...

Post image

699 SUPERLEGGERA(スーパーレジェーラ) 展示会限定モデル ジオ・ポンティ カッシーナ

超軽量、名作チェア「スーパーレジェーラ」の展示会限定モデルです。通常モデルはシートが籐張りですが、この1957年展示会限定モデルは黒革のポリエステルパッディングシートを使用しています。イタリアの建築家ジオ・ポンティの名作チェアが、いきなりPOPな印象になりましたね。フレームの断面を角ばらせて、徹底的に軽量化を図っているスタイルは健在。不思議なのは、白黒の組み合わせなのになぜか明るい印象を感じるという事...

Post image

Thinking Man's Chair(シンキングマンズチェア) ジャスパー・モリソン 動画レビュー

うーん意外に渋い。1989年にジャスパー・モリソンがカッペリーニ社の依頼で製作されたTHINKING MAN'S CHAIR。世に出回っている画像は、確か赤みがかかったカラーリングが主流だと思いますが、このシンキングマンズチェアはグリーン系。いや、グレー系とも言える渋さです。どちらかというと、ファニーな印象を持っていたのですがどちらかというと映画監督が使用するかのような重厚さがあります。ま、遠くから見た場合の印象ですが。...