Post image

S533NF ミース・ファン・デル・ローエ THONET社

建築家ミース・ファン・デル・ローエがデザインしたカンティレバーチェアですね。マルト・スタムのカンティレバーチェアなど、当時は競ってカンティレバーチェアを多くの建築家やデザイナーが取り組みました。ミース自身MR20シリーズなど、カンティレバー構造のチェアを積極的に取り組み、いくつかの特許を取得しています。このS533NFは現代風にポリエステルメッシュに切り替えたモデルですが脚部やアーム部の鮮やかな曲線は健在で...

Post image

HAL Wood (ハル ウッド) Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン) Vitra社

Vitra のHALシリーズって樹脂の一体型シェル部分もいいですが、脚部を色々な素材や形状に変化させて遊んでいるところが面白いです。このHAL Wood(ハル ウッド)は脚部を木製にしていますね。シェルと木製の脚はしっかりとした、接合部で固定されているのでけっこうがっちりしたチェアです。ビジュアル的にも、フローリングや木製のテーブルブルにしっかり合うように視覚的効果も狙っています。だけど、やはり座りやすさや快適性...

Post image

HAL Stool Medium High (ハル スツール ミディアム・ハイ) ジャスパー・モリソン氏 Vitra社

ジャスパー・モリソンがVitraの為に設計した、新作ですね。HAL Chairという名称で、脚の長さが特徴。いつも、日常での使い勝手にこだわっているジャスパー・モリソン氏らしく、どこか愛嬌があって、なおかつ飽きないデザイン。一見すると、バーなどに置いてありそうなスタイリッシュな感じですが、実は足が疲労しないように考え抜かれてこの形状になったとか。また脚の長さによってスタッキングしたり、より脚を伸ばせるタイプもあ...

Post image

184 EVE (184)イヴ ピエロ・リッソーニ CASSINA IXC.

184 EVE 184 イヴ ピエロ・リッソーニ CASSINA IXC. EVE(イブ)アームと脚を同一の素材で成形した、シンプルかつ軽快なチェアですね。脚とアーム部分についてですが木製タイプとアルミタイプが存在します。そうですね、木製タイプは自宅のリビングに最適ですし(個人的に好き)アルミは仕事場などや、駅などの公共機関でも存在感を発揮してくれるでしょう。フレームを覆う革は、カッシーナ社の技術力なくしては成り立たなかっ...

Post image

Nimrod Marc Newson マークニューソン

Nimrod Marc Newsonあのマークニューソンがデザインしたチェアです。auや味の素のデザインを請け負うなど、面白い人ですけど個人的に感動したのはフラクタル幾何学を元にデザインしたダイヤモンドとサファイヤのジュエリーJuliaですね。シドニー芸術大学でジュエリーデザインを勉強しているだけあって、美しいのですが。でもまあ、丸みを帯びたデザインこそが今の彼の真骨頂!あはは。日常に溶け込んでいく、デザインは偉大です...