スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
700000400.jpg
建築家ミース・ファン・デル・ローエがデザインしたカンティレバ
ーチェアですね。

マルト・スタムのカンティレバーチェアなど、当時は競って
カンティレバーチェアを多くの建築家やデザイナーが取り組みました。

ミース自身MR20シリーズなど、カンティレバー構造のチェアを積極
的に取り組み、いくつかの特許を取得しています。


このS533NFは現代風にポリエステルメッシュに切り替えたモデルですが
脚部やアーム部の鮮やかな曲線は健在です。
1920年当時はレザーやラタンなどの素材が使われていました。


(1927年ヴァイセンホーフ展においてMR20アームチェアとして発表された、
スチールパイプ製のカンティレバーチェアが原型ですね)

imge8f1157azik6zj.jpg

バルセロナチェアもそうですけど、ミース・ファン・デル・ローエが
デザインしたチェアは脚部のRが特徴です。
このRには(曲線)意味があって、この滑らかな曲線のおかげで快適性
とバネの様な衝撃吸収性を高めています。

まあ、いずれにしてもこの優雅な脚をとことん楽しまれてはいかがで
しょうか?

ビジュアルに目を奪われそうになりますが、何気に実用的な面を考慮
してあるチェアですよ。

ミース・ファン・デル・ローエ S533NF
icon

スポンサーサイト
106007800.jpg
Vitra のHALシリーズって樹脂の一体型シェル部分もいいですが、
脚部を色々な素材や形状に変化させて遊んでいるところが面白い
です。

このHAL Wood(ハル ウッド)は脚部を木製にしていますね。
シェルと木製の脚はしっかりとした、接合部で固定されているので
けっこうがっちりしたチェアです。

ビジュアル的にも、フローリングや木製のテーブルブルにしっかり
合うように視覚的効果も狙っています。

だけど、やはり座りやすさや快適性を重視した所に、この新作
HAL Wood(ハル ウッド)の良さが隠れている様な気がします。
一見するとかなりシンプルなチェアですが、英国を代表する
デザイナーであるジャスパー・モリソンは何年も、快適製のある
座り心地が実現する形状にこだわったとか。

gjhnfgg.jpg
Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)

どちらかというと、使い勝手を重視したチェアでもあります。
実際にリビングや職場などで使用するユーザー本位という視点
でデザイン……なるほど、確かに色々使えそうだ。
リーズナブルなのも嬉しいですね。

8色のカラーバリエーションで展開しているのも、あらゆるユーザー
に楽しんでもらおうというVitra社の意気込みも感じられます。

HAL Wood ハル ウッド Jasper Morrison Vitra
icon


106009000.jpg
ジャスパー・モリソンがVitraの為に設計した、新作ですね。
HAL Chairという名称で、脚の長さが特徴。

いつも、日常での使い勝手にこだわっているジャスパー・モリソン氏
らしく、どこか愛嬌があって、なおかつ飽きないデザイン。

一見すると、バーなどに置いてありそうなスタイリッシュな感じ
ですが、実は足が疲労しないように考え抜かれてこの形状に
なったとか。

また脚の長さによってスタッキングしたり、より脚を伸ばせる
タイプもあります。
まあ、カウンターキッチンなどでもより脚が長いHighタイプ
がお勧めでしょうか?

一体成型のプラスチックシェルもかなり考え抜かれており
横に座ったり、より体を預けてリラックス可能。

価格も抑えめな上に、カラーリングも豊富なので公共施設などで
人気が出そうですね。

まあ、セブンチェア的な人気が出そうなデザイン。

7a0603cf1491ba66.jpg



ジャスパー・モリソン氏がデザインするインテリア家具は
一瞬そのシンプル&楽しいデザインに心を奪われます。

でも、実はジャスパー・モリソン氏の作品の多くは、ユーザー
が快適に生活できるように設計されています。

ユーザーとして実際に、使用することで使い心地の良さ
と、彼の作品の真価が理解出来ると思います。

要するに、これほど使い勝手がいいデザイナーズ家具
というのも珍しい……という事です。


HAL Stool Medium/High ハル スツール ミディアム・ハイ
icon

KC.jpg
184 EVE 184 イヴ ピエロ・リッソーニ CASSINA IXC.
icon
 EVE(イブ)
アームと脚を同一の素材で成形した、シンプルかつ軽快なチェアですね。
脚とアーム部分についてですが木製タイプとアルミタイプが存在します。

そうですね、木製タイプは自宅のリビングに最適ですし(個人的に好き)
アルミは仕事場などや、駅などの公共機関でも存在感を発揮してくれる
でしょう。


フレームを覆う革は、カッシーナ社の技術力なくしては成り立たなかった
でしょう。
なにせ縫い目などが、表面上見えない様に計算された形状になっているのは
驚きですね。
見た目もいいですが、ウレタンシートの部分は、やはりカッシーナのウレタン
成型技術のおかげで快適な座り心地を実現してくれます。


CK2.jpg
この直線的なデザインもEVE(イブ)の魅力の一つ。
なぜかこの木製のパーツに美を感じます。

img_01.jpg

ピエロ・リッソーニ

イタリアの気鋭デザイナー
どちらかというと、家具をデザインするという感覚ではなく、居住空間そのもの
をデザインする能力に長けていると思う。
もし、一つの室内にピエロ・リッソーニの家具を用意したら、静寂かつ美しい
空間を演出してくれるはず。
彼の家具は、不思議と他の家具とも調和する不思議な魅力に満ちていると思う。
184 EVE 184 イヴ ピエロ・リッソーニ CASSINA IXC.
icon

Nimrod Marc Newson マークニューソン

 22, 2009 17:06

Nimrod Marc Newson
あのマークニューソンがデザインしたチェアです。
auや味の素のデザインを請け負うなど、面白い人
ですけど個人的に感動したのはフラクタル幾何学を元に
デザインしたダイヤモンドとサファイヤのジュエリーJulia
ですね。シドニー芸術大学でジュエリーデザインを勉強
しているだけあって、美しいのですが。

でもまあ、丸みを帯びたデザインこそが今の彼の真骨頂!
あはは。
日常に溶け込んでいく、デザインは偉大ですね。

kjgh.jpg
fggjj.jpg
ね? かわいいでしょ?

ちなみにこの Nimrod の本体は吹き込み成型のポリエチレン製
、シート部はポリウレタンです。
取り外し可能なウール地のカバーがなんとなく面白い。
4f660902f7376b46.jpg

マーク・ニューソン
調味料入れから家具、レストラン、腕時計そして旅客機のインテリア
などはっきり言って垣根がない。

(フロス 、 カッペリーニ 、 マジス 、ナイキ、 アレッシィ 、
カンタス航空、味の素など)
割と身近な所に彼のデザインが存在する。
Nimrod Marc Newson

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。