スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN3850.jpg
Coca Cola Bottleware
コカコーラ社のボトルをリサイクルして作られたボトルウェアですね。

Nendo佐藤ナオキ氏がコカコーラボトルの特性を生かしてデザイン。
細かい気泡や歪みこそが再生ガラスの魅力。それを活かした
シンプルな形状とコンツアーボトルの面影を残したそうですが。

でも、説明なしに見ると本当にデザイナーズテーブルウェアーにしか
思えませんでした。
ま、確かに多少厚みもありますが、なんとなく人の手みたいなものを
感じるのですよね。

青森の伝統工芸品「津軽びいどろ」の指定工場で、熟練の職人による型吹き
などの技法を取り入れているせいでしょうか?

一時機山の手線あたりの液晶広告にも、頻繁に登場していましたよね。

DSCN4071.jpg
スウィング タンブラー,クール

ドイツレオナルド社の「Leonardo Design Team」の作品。

やはりこのグラスのカーブは、見た目にもインパクトがあります。
実は機能性や、持ちやすさを重視した結果こういった形状に
なったそうですが。

とはいえ、一見するとオブジェのようですよね。

実物を良く見ると華やかなカラーリングと、透明感があります。
DSCN4070.jpg
スウィング ウイスキータンブラー,クール

これはウィスキータンブラータイプですね。
実はこのカラーリングは、カラーフィルムをグラスに貼りつけて
表現しています。
フィルム着色技術のおかげで、透明感と鮮やかなカラーリングを
表現しているのですね。

DSCN4000.jpg
DSCN4072.jpg
コンフェッティ タンブラー,ウォーム

ラズベリーとパープルの花吹雪(コンフェッティ)が舞い降りた。
それが、このタンブラーカラーのイメージだそうです。

飲み口は横長なのに底は縦長のデザイン。イタリアンデザイン
ですが、製造はこの特異なデザインを実現させる為に日本で製造
しているとか。

ま、形状のインパクトもありますが、やはりこの淡いカラーリング
が個人的に好みです。
DSCN3814.jpg
iittala Kastehelmi Bowl&Dish, Green

フィンランドのイッタラ、オイバ・トイッカの名作「カステヘルミ」

無鉛ガラスに施されたドット装飾が美しいだけではなく、グリーンの
透明感が美しいです。
一見すると大きそうですが、割と実物はコンパクトなんですよね。
もちろん、フィンランドメイドのボウルです。

ボウルと、皿は実は別売りみたいです。
出来ればボウルと皿(ディッシュ)を組み合わせて使いたいですよね。
クリアーもカッコいいですが、グリーンもクールです。
MoMAstore
スポンサーサイト
069-80564-KT_2.jpg
Filio Teapot mono filio ティーポット
icon
かなり理論的に作られたティーポットです。
まず、紅茶を淹れる為に、茶葉をお湯の中で踊らさせる為の
空間をきちんと確保。
形がクリアガラスで円形じゃないですか?
ということはそれだけ、茶葉が舞いやすい。
これだけ、いいポットなのだからダージリンを淹れたい
所。フレーバーもいいけどね。


また、蒸らす時間の際、温度が低くならない様に下にティー
キャンドルをおいているのがポイント。

ティーコジーをしなくても、ポットの内部の温度が低く
なるのを防いでくれます。
機能的だけど、球体を半分に切ったようなガラスと彎曲する
スチールアームのコラボレーションが美しいですねえ。


デザイン的にもデザイナーであるTassilo Von Grolman氏は、
千利休から影響をうけてデザインしました。
おそらく、鉄窯と炭でしょうね?
そう言われると、お干菓子とか和のお菓子にも合いそう。

注意ですが、下のキャンドルは保温様です。
お茶を淹れるときは、紅茶の茶葉に、一円玉程度の気泡が
沸き立つ熱湯を使用してください。
Filio Teapot mono filio ティーポット
icon

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。