スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
878EC200NY.jpg
挽き豆が使えるエスプレッソメーカー。
割玄人向けな一台でもあるし、初心者的な一台でもあります。

カフェポッドを使えば、ワンタッチで本格的な一杯を楽しむ
事が出来るし。
(ここだけの話、味、香りもカフェポッドを使用すれば、ほぼ
プロレベルまでもっていける)

挽いた豆を計量しフィルターホルダーに詰め、タンピングされたい
玄人の方は色々自分好みの味に調節できるという訳。

繰り返しになりますが、本体価格は2万クラスとかなりリーズナブル
ですが、味、香りはほぼ10万クラスのエスプレッソメーカーに
匹敵する性能を有しています。

普段あまり時間がない方でも、カフェポッドを利用すればお気楽に
ショップレベルのエスプレッソを楽しめるのではないでしょうか?

多分ダンピングなどの手間がかかる機能を、わざとデロンギ社は
組みこんだと思います。

とはいえ、このデザインと性能で2万クラスというのもちょっと
したものでは。

DeLonghi(デロンギ)「EC200」イエロー
icon
スポンサーサイト
878ECAM23210B.jpg
恐らく世界最高峰のエスプレッソマシン。
豆を挽く事から、抽出まで全てフルオートでこなしてしまう
全自動マシンですね。

基本的に豆さえ入れればそれでOK。
他社のエスプレッソメーカーに比べてまるで、手間がかかりません。
更に、よく出来ている事に掃除しやすいように、給水タンクや泡だて
などのシステムが全て前方にセットしているのでクリーニングが
お気楽に出来ます。

しかも、エスプレッソの濃さと抽出量もコントロール出来るので
好みの範囲で、一杯の量をコントロール出来ます、
(しかも誰にでも操作可能なダイヤル式)

つまり、いきなり豆から最短時間でエスプレッソを味わえるので
酸化も少ないという訳です。

お気楽にエスプレッソを楽しめる上に、味への妥協がまるでない
点が評価されますね。

どちらかというと、プロからの評価が非常に高いマシン。

DeLonghi(デロンギ)全自動エスプレッソマシン「878ECAM23210B」(878ECAM23210B)
icon

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。