スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKARI 1AT あかり 1AT Isamu Noguchi オゼキ

 30, 2010 18:45

AKARI 1AT あかり 1AT Isamu Noguchi オゼキ
icon

540000201_new.jpg
世界で愛用されている伝統提灯ですね。
岐阜提灯とイサム・ノグチのコラボレーションです。
体感的にですがとても目に優しい光を楽しめましたよ。

彫刻家の作品らしく、光がまるで作品の様な気がします。
1950年代にデザインされ作られたとは思えない可愛らしさ
ですね。

約四十年にわたりヨーロッパで愛されてきたというのも
分かります。
シェード部の構成についてですが岐阜県の伝統工芸品の美
濃和紙と竹ひごを使い「オゼキ」というメーカーが組んで
います。
しかもハンドメイド品。
提灯職人が、個別に形状をコントロールしているすごい技
術の詰まった
提灯ですね。

完全に西洋のインテリアにもフィットしますし、和室にも。
AKARI 1AT あかり 1AT Isamu Noguchi オゼキ
icon
スポンサーサイト


icon
icon

Freeform Sofa(フリーフォームソファ) イサム・ノグチ Vitra Design Museum社
icon
彫刻の様なソファでありますが、柔らかみのある生地(ファブリック)
が全身を包んでくれるかの様な贅沢なソファです。
意外に、壁際に置いてみるとその全体的に縦長の面積が必要。ですが、
他のソファと違いまるで圧迫感が無く、むしろシャープさを感じさせま
す。
あと意外に外側が丸みもあるので、スタンドやテーブルなどの他の家具との
相性がいいと思います。
ソファのくぼんだ位置に、テーブルを置くとなかなか様になりますよね?


これはアメリカ人が作った「和」のソファーです。
彫刻家のイサム・ノグチにしても、建築家のフランク・ロイド・ライトにして
も、日本の文化をよりよく知っているやたらアメリカ人が作り上げた「和」。

イサム ノグチデザインのフリーフォームソファは、彫刻家としての曲面
と円の技巧を最大限に生かしたデザイン。
もっともイサム ノグチはこれを「彫刻作品」として扱っていたのだから
驚嘆するしかありません。

1946年にデザインされ、少量生産されたものが、今だにコレクター
に根強い人気。NYのイサム・ノグチミュージアムなどのショップでも
ショップにフリーフォームソファが設置してあります。

ライトグリーンの気持ちの良い見栄えどおりの座り心地の良さ。川に
流れる小石が削られていくのをイメージしたというのが通説ですが、
むしろフリーフォームソファはチャレンジ精神の塊ではないかと。


6768050f86cb63d4.jpg
イサム・ノグチ
日系アメリカ人彫刻家。
2004年に生誕100周年を迎え、これを期にヴィトラ・デザイン・ミュー
ジアムが販売権利を獲得。現在でも彼の作品が正規品として楽し
めます。
詳しい情報はこちらから
icon

IMGP1798.jpg
モダン家具の王様、エッグチェアです。
これでも60年代は、発泡ウレタンを採用した最新のハイテクチェアでした。
何気にブラット・ピットもこのエッグチェアのファンで二脚所有しています。

初仕事で得たお金を、そのまま椅子の購入に費やしたとか。はは。
分かるなあ。


エッグチェアは、北欧建築の傑作と言われるSASロイヤル
ホテルの為に、ヤコブセンがデザインしたラウンジチェアです。
いわばSASロイヤルホテルの備品である椅子がいつの間にか
独り立ちした訳です。


IMGP1797.jpg
それにしてもファブリックとクッションの素材を変化させただけで、まるで
ビジュアルが変化する楽しいチェアでもあります。

卵の殻の様に全身を包み込んでくれるチェアというのもなんだか嬉しいですね。
結構このエッグチェアは、陽気な感じがして好きですね。
そういえばエッグチェアポケモンモデルというのがあるらしいけど
一度でいいから座ってみたい。
なんとなくヘラ・ロンゲリウスっぽいデザインだなあ。




hhstyle.com
IMGP1775.jpg
Eames Lounge イームズ ラウンジチェア&オットマン チャールズ&レイ・イームズ Herman Miller社
icon
軽くて薄いスタッキングチェアなどを手掛けてきたイームズ夫妻に
よる、高級ラウンジチェアです。
レザーの高級感とぜいたくなクッション性をを思う存分味わえます。
存在感にかけては、他のインテリア家具を圧倒する王者の風格すら
感じさせますね。

金属のフレームを使用し、五本の台座に固定された姿は当時では革
新的なモデルでした。

(座り心地)
クッション性……割としっかりした固めのクッション。
柔らかすぎず、しかし、固すぎず絶妙のバランス感覚。
適度に体が沈みこみ、本当に包まれている様です。


割と視野が広くなる事です。ルーツは映画監督用のイスですから
視野まで計算されています。こう見えて、意外に機能的。

肌ざわりは、革なのにシルキー(滑らか)。座面とオットマン、
背もたれのクッションは共通。特にクッションのくぼみの配置
が絶妙。



icon
icon
Eames Lounge イームズ ラウンジチェア&オットマン チャールズ&レイ・イームズ Herman Miller社
icon

IMGP1803.jpg

MONZA Konstantin Grcic PLANK
icon
こうして見ると、見事にプラスチュクと木の質感が融合しています。

2009ミラノサローネで話題となったコンスタンチン・グルチッチのアームチェア
Monza(モンツァ)
本当にSFめいたプラスチュクのデザインが上手いなあと思っていたら、まさか
木と合わせてくるとは驚きです。
触ってみると、木の質感というか重みが魅力。
でも、ビジュアル的にはプラスチックの艶やかなカラーリングが目を引きます。
木材はとても色が繊細で、木目が美しい。
ぜひ、座面の繊細なデザインを動画で確かめてください。
面白い事に、このチェアはレトロな木製家具が多いインテリアにも合うし、現代
的なインテリアにも合うと思います。
かと思えば、オフィスにも使える精悍さと優しさも兼ね備えている優れた
デザインですね。



IMGP1804.jpg


特に座面と背もたれの、流線的なデザインは注目です。
POPさを感じさせつつ、レトロ感もあるアームチェア。
MONZA Konstantin Grcic PLANK
icon
IMGP1802.jpg
Panton Chair パントンチェア ヴェルナー・パントン Vitra社
icon

パントンチェアは60年代のプラスチックを語る上で伝説的な
チェアです。

(素材)
オリジナルパントンクラッシックは、60年代から70年代を語る上で欠かせない
FRP素材を使用しています。
このパントンは環境に配慮したポリプロピレン製。

プラスチック独特の質感を味わいたいなら、間違いなくパントンクラシック
ですが、ポリプロピレン特有のポップなカラーリングを楽しめるチェアでも
ありますね。

(座り心地)
全体的にしなりがあり、割と快適です。あと、画像をご覧ください。
足元部分に空間がありますよね? ですから足を自由に動かしたり
楽な姿勢もとれます。

(使い勝手)
パントンチェア同士のスタッキングも可能です(イス同士の積み重ね)

やっぱりコレクターも多い一品ですので、プラスチックマニアにはたまらない
一品。サイケデリックなデザインもたまりません。
でもこのポリプロピレンモデルも、もっと気楽に使っていいのでは。
もちろんVitra社の正規モデル。
3752606796.jpg
「ハハハッ」を笑い声が聞こえてきそうなヴェルナー・パントン。
サイケデリックなデザインが得意。本当にヤコブセンのお弟子
さんなのか不思議に思う時もあります。
Panton Chair パントンチェア ヴェルナー・パントン Vitra 社
icon
icon
icon

IMGP1796.jpg
Nelson Tray Table ネルソン トレーテーブル Herman Miller社

ハーマンミラー社のネルソン トレーテーブルですね。
こうして見ると。チェアにも合うし、その上ベッドサイトにも、ソファーに
も合うのでかなり使い勝手はいいはずです。
(そうか、リラックスチェアにもこういう風に合わせるのもいいですね)
天板のプライウッドの高級感というか、存在感がかなり光ったサイドテーブ
ル。

個人的にはリラックスソファで紅茶とか、アルコールをたしなむのに使いた
いなあ。
クッキーとかスイーツ類を置いても絵になりますし。

そう、こう見えてこのサイドテーブルは工夫の塊で、アームで高さ調整が
できます。また、アームと天板がコの字型になっているので、ソファでの
使用時に邪魔にならないし、より使用者の近くで楽しめると思いますね。

思ったよりも、天板の面積が広いのもありがたい所。
また、天板に滑り止めもきちんと付いているので、デザインの上でも、実
用的にも優秀なテーブルです。

ビジュアル的に見ても、美しいと思うのですがいかがですか?



icon
Nelson Tray Table ネルソン トレーテーブル Herman Miller 社

インテリアレビューまとめ

 10, 2010 16:48
インテリアレビューまとめページです。
これから、順次レビューを追加していきますのでよろしくお願いいたします。

IMGP1809q.jpg

Uten.Silo

IMGP1794q.jpg

    Slow Chair

IMGP1779q.jpg
     Kast       


IMGP1791q.jpg

Gueridon

IMGP1816q.jpg

Noguchi Coffee Table

IMGP1796q.jpg
Nelson Tray Table

IMGP1802q.jpg
Panton Chair

IMGP1803qq.jpg
MONZA

IMGP1775q.jpg
Eames Lounge

IMGP1798q.jpg
エッグチェア
027070700q.jpg
Freeform Sofa
540000201_lnew.jpg

AKARI
IMGP263h5.jpg
F031 Desk  
IMGP265ff2.jpg
Joyn Single Desk
IMGP2658k.jpg
Alcove Sofa
IMGP2570k.jpg
Steelwood Shelf
IMGP257ji8.jpg
Striped Sedia
IMGP2593g.jpg
Thinking Man's Chair
IMGP264g5.jpg
USM Modular
IMGP30g71.jpg
AISIN ミシン SP10
IMGP3989k.jpg
HP Ultrabook SPECTRE

IMGP1816.jpg
Noguchi Coffee Table ノグチ コーヒーテーブル イサム・ノグチ ヴィトラ・デザイン・ミュージアム
icon

これはガラスの質感が高いテーブルでした。
これだけガラスが厚いのに、透明感があっていいなあ。

1939年にニューヨーク近代美術館の館長A・コンガ・グッドイヤーの自邸の
ためにデザインしたテーブルが原型。
MoMA館長を退任する年に送った作品ですね。
彫刻家だったイサム・ノグチらしく、その造形は脚の部分にうかがう事が
出来ます。

ヴィトラ・デザイン・ミュージアムが正式復刻版だけあってガラスも脚の造
形もまるで一切妥協の様なものは感じませんでした。

面白いのは、このコーヒーテーブルがどの方向から覗いても、様々な表情を
見せてくれるということです。

どの方向からこのテーブルを使用しても、その方が主役になった? かの様
な気分になるのでは。

あと、高さは丁度ソファーに合った高さですね。
個人的には、お菓子と紅茶をソファに座って食べる時に、丁度いい絶妙な高
さにこのテーブルがあると思います。

本当に、氷を削って作った様な美しいテーブルですが、実用的な部分もきち
んと備えてあります。
実際に、こうやって花瓶やポットを置けばすんなり生活に溶け込んでくれる
でしょう。

それにしても、こんな美しいガラステーブルの質感が動画であまり表現でき
なくてすいません。

ぜひガラス天板の透明な質感を楽しんでください。
Noguchi Coffee Table ノグチ コーヒーテーブル イサム・ノグチ ヴィトラ・デザイン・ミュージアム
icon
IMGP1791.jpg


Gueridon ゲリドン  ジャン・プルーヴェ Vitra社
icon
デザイナーのプルーヴェの特徴が良く出ているテーブルですね。
プルーヴェは好んでチェアやテーブルのデザインに三角形の脚を
取り入れます。
この手法は建築物の柱の構造を応用した形状です。

それにしても、愉快な形状ですよね。
特に脚の付け根の所が、丸いじゃないですか? これこそ彼の
デザインの特徴とも言えるかも。
元々、アルミを建材に積極的に採用したり、プレハブ住宅を発明し
たりと様々な建材を取り入れてきたプルーヴェですが、パリの大
学都市のためにデザインしただけあって何か温かみも感じます。


「できるだけ多くの人に使ってもらえる工業製品を、最高の品質で
時代に反映させる事」をプルーヴェは信条としています。

実際ゲリドンテーブルを見て思ったのですが、やっぱり脚の美しさ
と可愛らしさが一番堪能できました。
あと、天板の広い事、広い事。

美しさも際立っていますが、それ以上に実用的で更に、心を落ち着
かせてくれるテーブルかも。


icon
icon

IMGP1779.jpg


Kast カスト マールテン・ヴァン・セーヴェレン Vitra社
icon
こうして見ると、いかにスタイリッシュかつ大きいかが分かりますね。
イエロー、ピンク、ブルー、ブラックのカラーリングを使っているのに
華やかかつ落ち着いて見れるのが面白い。立体の発色が見事ですね。

でも、収納家具としてもつかえますし、展示台的な使用法もありかと思
います。
あと、怒られそうだけどAV機器とかを収納してみたいな。
高級感というより、ファニーな印象の方が強いかな。

イームズストレージユニットの影響は確かに感じるけど、実物を見ると
また違う感じがする。
どうなんでしょうね?
無理矢理本とか、を収納しても面白いですし、逆に「何も置かない」とい
う選択肢は?
小物とかを飾るのにも使えますし。
あと、脚の部分が注目ですね。
角度をつけながら、見事に本体を支えています。
いやあ、この辺りは見ていて楽しいなあ。
完璧なデザインを目指したというよりは、楽しいデザインにこだわった
という印象。
ヴィットラらしく、色にこだわった家具だと思います。

なんというか「色選びで」収納家具をセレクトしたい方にかなりお勧
めかなあ。

icon
iconKast カスト マールテン・ヴァン・セーヴェレン Vitra社
icon
IMGP1794.jpg
Slow Chair スローチェア&オットマン ロナン&エルワンブルレック Vitra社
icon

この動画はhhstyle.com様より許可を頂いて公開しております。

ロナン&エルワン・ブルレックのストッキング生地で作り上げた
スローチェアですね。
背もたれも見てみると、後ろが透けて見えますよ。
でも、しっかりとした柔らかさと、心地よい手触りがウリです。

そういえばロナン&エルワン・ブルレック兄弟は、布で作ったパ
ーテンションとかありましたね。
とにかく、布を家具などに取り入れるのが上手くて、布で瓦とか
作ってそれを繋げて壁にしてしまったり。どちらかというと芸術性
が評価されがち。

でも、このチェアを見てみると分かる通り、やっぱり日常で使って
もらいたいという意識がとても強い様です。
座り心地は固めのハンモックみたいな、心地よさ。
椅子としては、めずらしい? 通気性の良さにもこだわっています。

これから夏にかけてはかなりいいですね。
あと、確かそれほど重量もないので、頻繁に部屋のレイアウト変更
が多い方にもどうぞ。
="_blank">d08.jpg



(開発秘話)
イームズなどの椅子をヨーロッパ生産しているvitra社は、4年の
歳月をかけてロナン&エルワンブルレック兄弟にデザインを委託。

かなーり厳しい審査があったそうで、クッションも最終見本発表会の3
か月前にぎりぎり完成させたとか。
Slow Chair スローチェア&オットマン ロナン&エルワンブルレック Vitra社
icon

IMGP1809.jpg
Uten.Silo ウーテンシロ インゴ・マウラー、ドロシー・ベッカー Vitra Design Museum
icon
インゴ・マウラー&ドロシー・ベッカーのウーテンシロですね。

こうして見ると、機能性もありながら、ちょっとしたオブジェの様です。
あと新品だからかな? 光沢感がかなりある。
なんというか、購入したら使うのをためらいそう。
いやあ、押し入れに入れてとっておきたい気分。

もし部屋の壁に取り付けるとしても、一応それなりの面積は確保した方
がいいと思いますね。
でも、取りつけてみるとまるで邪魔にならないはず。
価格もそれ程無理な価格でないのがポイント。
壁に固定する時はビス止めや、金具で釣るという手法もあります。


ちょっと、画材を収納するのに使いたいんですよね。
しかも、収納がインテリアになるし。

1970年代のプラスチックマニアの本の表紙になったのも分かるなあ。
この光沢感は奇跡だわ。ああ、いいですね。

あとhhstyle.com様より許可をいただいてウーテンシロの動画を撮影しました。
よろしければ参考になさってください。


Uten.Silo ウーテンシロ インゴ・マウラー、ドロシー・ベッカー Vitra Design Museum
icon

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。