Post image

184 EVE (184)イヴ ピエロ・リッソーニ CASSINA IXC.

184 EVE 184 イヴ ピエロ・リッソーニ CASSINA IXC. EVE(イブ)アームと脚を同一の素材で成形した、シンプルかつ軽快なチェアですね。脚とアーム部分についてですが木製タイプとアルミタイプが存在します。そうですね、木製タイプは自宅のリビングに最適ですし(個人的に好き)アルミは仕事場などや、駅などの公共機関でも存在感を発揮してくれるでしょう。フレームを覆う革は、カッシーナ社の技術力なくしては成り立たなかっ...

Post image

832 LUISA 832 ルイーザ アームチェア フランコ・アルビニ CASSINA IXC. Ltd.

832 LUISA 832 ルイーザ アームチェア フランコ・アルビニ CASSINA IXC. Ltd.LUISAのアームの造型にフランコ・アルビニならではの特徴が良く出ていると思います。このアームと脚の組み合わせは、高度な木工技術を要するはず。1955年にコンパッソ・ドーロ賞を受賞しただけはありますね。つまり1955年デザインの最先端でもある訳です。Fondazione Franco Albini(フランコ・アルビニ財団)からカッシーナ社が復刻権を獲得し、イ・マエ...

Post image

833 CAVALLETTO 833 カバレット テーブル フランコ・アルビニ CASSINA IXC.

833 CAVALLETTO 833 カバレット テーブル建築学の技術が833 カバレット テーブルに生かされていますね。張力を応用したこのテーブルというのも珍しいです。木製の天板と脚の間に、まるでワイヤーで橋でも作りあげた印象があります。ウォールナット材・マホガニー色染色塗装仕上げです。シンプルかつ虚飾を省いたデザインに見えますが、かなり家具職人の伝統技術を多用したテーブル。フランコ・アルビニのデザインは実際の生活に耐...

Post image

196 ROTOR (196 ローター テーブル) ピエロ・リッソーニ CASSINA IXC.

196 ROTOR 196 ローター テーブル木材で、幾何学模様を表現するというピエロ・リッソーニの実験的なテーブルです。天板が、まるでステンドグラスの様に、複雑に木材が組まれていますね。一見すると、無秩序に組まれている様にも見えますが実は精密な計算の元にこのパターンを落とし込んでいった模様。面白い事に、精密な計算のもとにこのテーブルを表現しながら、まるで芸術作品の様に感じてしまう事です。計算しながらも、不規則...