Post image

AISIN ミシン SP10が家に到着 付属品の確認をする。

先日このブログで紹介したアイシンミシンAISIミシン SP10が家に到着しました。意外に軽くてコンパクトな箱ですね。早速、付属品の確認の為に開封してみましたよ。いきなりですが、開封後二時間してから普通に縫えましたよ。私はミシン初心者なのに、いきなりミシンを動かす事が出来て本当に驚いております。非常に初心者に扱いやすい、優れたミシンなのですね。てっきり、ミシンが縫えるまでに1週間はかかると思っておりましたが...

Post image

518 PLURIMA 518プルリマキャビネット・ロータイプ CHARLOTTE PERRIAND/シャルロット・ペリアン Cassina / カッシーナ

シャルロット・ペリアンの新作……いえこのたび復刻されたカッシーナの家具は、可動式パネルが、日本の襖をイメージさせる本棚PLURIMA(プルリマ)ですね。または、茶室に付随する、点前や茶事のための準備をしたり、片付けをしたり器物を納める水屋にも似ている?いずれにしても、かなり強烈に日本文化を意識したデザイン。シャルロット・ペリアンは1940年年代、輸出工芸指導顧問として来日。その間、畳や日本家屋を取り入れた家具...

Post image

514 REFOLO CHARLOTTE PERRIAND/シャルロット・ペリアン Cassina / カッシーナ

あのシャルロット・ペリアンデザイン、モデュラーシステム「 514 refolo」ですね。設計思想は金属パイプのフレームに革のクッションを嵌め込む様式のソファ「LC2」の流れを組んだデザインなのは間違いありません。514 refoloの場合金属パイプのフレームではなく、あくまで木をベースにしていますね。更にクッションの配置次第で、テーブルにも、TVキャビネットにも、ソファにも、ベンチにもなる点が興味深いです。更に注目すべきは...

Post image

Prouve RAW Cite, 1930 (Cite armchairをG-STAR RAW限定モデルとしてリデザイン)

ジーンズのG-STAR限定モデルとしてCite armchair(シテ アームチェア) が登場。背面から座面にかけて官能的な美しいカーブを描いているシートがホワイトカラーに。さらにアーム部のベルトを、よりスタイリッシュに変化していますね。スチール部分も、カーキーカラー。この辺りはジーンズメーカーのカラーリングセンスですね。でもジャン・プルーヴェの特徴であるスチールベースは特に変化はない模様。それにしても、シートカラー...

Post image

522 TOKYO 「トウキョウ」シェーズロング シャルロット・ペリアン Cassina社

ぺリアンが名作「LC4」シェーズロングの素材を「竹」に変更したモデル「トウキョウ」シェーズロング 。日本滞在中の1940年、「選択・伝統・創造展」の為に一点ものとしてデザインしたチェアです。竹製の(トウキョウ・シェーズロング)か……どれだけ手間をかけているのか……これだけ竹を曲げ加工するとなると莫大なコストが発生するはずです。一点ものというのも納得ですね。それを一応商品として生産するというのだからやはり驚き。...

Post image

Prouve RAW Tabouret NO.307, 1951 (プルーヴェ・ロウ タブレ ナンバー307、1951) Vitra社

1951年デザインのジャン・プルーヴェの作品をG-Starがリモデルしたスツールですね。ジャン・プルーヴェとG-StarがどうしてコラボかというとG-STARはデニム加工技術に関しては世界トップレベル。ジャン・プルーヴェの家具は金属加工技術にかけては、やはり世界レベル。G-STARのピエール・モリセットがジャン・プルーヴェ家具の熱狂的なコレクターだった事も一因しVitraが一役買ったそうです。G-Starブランドは売り場でも建築学的ア...

Post image

Prouve RAW Fauteuil Direction, 1951 プルーヴェ・ロウ フュティル ダイレクション、1951 

デニムアイテムで著名なG-Star RAW。ちょっと面白いメーカーでしてスポーツバイクや自動車メーカーとコラボレーションするなどなかなかアグレッシブ。今回Vitra社とのコラボレーションを果たしジャン・プルーヴェの作品をアレンジ。アート・バーゼル開催中にProuve RAWシリーズとしてお披露目しました。アームの部分には、それぞれ仕上げの違う無垢のオーク材を使用。シートは、Smoke Grey と Off-Whiteカラーなどコーディネート。...

Post image

BOOMERANG bench(ブーメランベンチ)  エナエル・ニコラ CASSINA IXC. EDITON

カッシーナのBOOMERANG benchですね。本来は個人で楽しむはずのブーメランシリーズでしたが、発売以来高い人気とグエナエル・ニコラのアイディアによりベンチとして進化しました。画像にある様に、数台のブーメランをそろえて使う事を想定してデザインされた「多人数・公共機関用」実に面白いですね。元々個人でモールドポリウレタンフォームのクッション性が高い評価を得たわけですから、多人数用にしても快適性が高いのは当たり...

Post image

Classic Pillow-Millerstripe(クラシックピロー ミラーストライプ) Alexander Girard  (Vitra Design Museum&マラハム)

ニューヨークの家具メーカーマハラム(maharam)のクッションですね。舞台装飾から始まった創業100年以上もたつ老舗ブランドと、ヴィトラ・デザイン・ミュージアムとのコラボレーションクッションですよ。元々アート関係や1960年代に商業空間向けのテキスタイルの生産を行った結構斬新な姿勢を持つメーカーですが……なかなかいいセンスしていますね。綿はなんだろう? シリコン綿系かな?マハラムが権利を所有するテキスタイル・コレ...