スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN4796a.jpg
DSCN4797.jpg
表参道ヒルズで近藤正樹氏の椅子作品展示会が行われていたので
立ち寄りました。
ちなみに入口近くに展示してあった作品は「白鳥」という作品
だそうです。
まさか白鳥の椅子にお出迎えされるとは……。
DSCN4792.jpg
DSCN4791.jpg

生物の様な素敵な椅子がフロアーに展示されていました。
おお、椅子が天井を飛んでいる!
DSCN4786.jpg
これは「コブラ」ではないですか?
まるで動物園に迷い込んだ気分です。
見た目だけではなく、座り心地も良く快適性重視。
DSCN4799.jpg
これは「マンタ」だそうです。
ラウンジチェアに近いかな? 
ヒレの部分に体を預けながら座る事の出来る椅子。
(なんと皮を編んだ、座面ですよ!?)
ドイツ人? に大変受けていました。
DSCN4795.jpg
羊?
ここは、牧場か? サファリパーク? 正に動物王国。
木と家具の不思議な融合。
でも、優しい感じがしていいものですね。

DSCN4782.jpg
アルコ 組み合わせられる机
5つのテーブルが、組み合わさって一つの独立したテーブルを形成。

DSCN4790.jpg
これは「デルタ」
名前の通り三角形という意味だろうか?
一瞬クラゲかと思ったけど。
なんとスタッキング可能なスツールでもあります。
DSCN4784.jpg
フーガ 実はこのスツールが一番好みだったりする。

特に脚部の曲線と、組み合わせが艶めかしくていいんですよ。
座面はシンプルだけど、やはり木の純粋な素材感を楽しめますし。



近藤正樹氏
アイスランドのジョセフ・ウォルシュ・ビスポークで3年間
家具製作をされていたとか。
現在は静岡で、動物をイメージした家具を製作されている。

にしても、手触り感がどの椅子もテーブルも最高なんですよね。
木目も繊細で美しいし。
しかもウォールナットなどの素材を使用しているので、自由度が
高い造形をしているのに、しっかりとした強度の安定感があります。

木の手触り感と曲線がこれほどセクシーなのかと、ショックを受け
ざるを得ない。
Tip Ton (ティップトン)
スポンサーサイト
DSCN4567.jpg
「あなたに合わせてテレビが変わる!?VIERAブロガーミーティング」
に参加してきました。

実はデザイナーズ家具に合う液晶TVって、あまりないですよね?


例えばインテリアショップなどではAV空間を演出する場合、イ
タリア製カッシーナのTV台座や、スイスのUSNユニットなどのA
V専用インテリア家具を使用します。

なんとかインテリア空間に溶け込む様に苦心しているのが、実情なん
ですよね。
そんな中、パナソニック VIERA新型TVのデザインに興味を持ち、イ
ベントに参加した次第です。
DSCN3803.jpg
イタリアのスクーターの様なおもちゃ?
実はこれ英国がデザインした、子供用スーツケースなんですよね。
そう、しかも本格的な子供用スーツケースなのだから驚きですよ。

TSA(米運輸保安局)から、正式に認定を受けている本格的なスーツケース
でもあります。
では、スーツケースの中身を見てみましょう。
DSCN3804.jpg
スクーターのトップチューブ部分が軸になって、本格的なスーツケース
として開封可能です。

もちろんベルトもあるのだから驚き。
きちんとスーツケースしていますね。
DSCN3805.jpg

子供服を旅行時に収納できますし、普段はおもちゃ箱としての使用も
可能。
ちなみに折り畳んだ状態で、スクーターとしてのおもちゃとしてまたがる
事も出来るそうです。
結構機能的に出来ているじゃないですか?
DSCN3806.jpg

車輪もきちんと付いていますね。
お子様がまたがっても、スクーターのおもちゃとして車輪が動きます。
転がしやすくて丈夫なラバーの車輪ですかあ、やはり実用的です。

持ち運びやすいショルダーストラップ付き。

DSCN3808.jpg

さすがにお子様用ということで、子供の体に合ったコンパクトサイズの
スーツケースなんだなあという印象。
できるだけ、力のないお子様でも使いやすいように軽量にできていますね。

ま、これならお子様も面白がって、スーツケースを持ち運びしてくれる
でしょう。
しかも子供用とはいえ、車輪付きだから重い荷物でも運びやすそうですし。

米運輸保安局の認定を受けているだけあって、実はこのスクート スーツケース
は機内持ち込み可能。
ま、別にお子様用のおもちゃとしても大変面白いスーツケースだと思いますよ。

逆にコンパクトだから、大人の収納インテリアツールとしてもいけるかな。
しかし、英国はこういう折り畳み系のデザインが本当に上手い。
やはり日本と同じ島国だから、収納性とか色々考えてデザインしているのでし
ょうね。

Skootcase Suit Case, Blue(スクート スーツケース,ブルー)
icon
561000200sm12.jpg
ドイツ老舗ブランドの高級家具 WALTER KNOLLですね。やはりレザー
のブラック感が強調されています。

このレザーソファーは皮を育成状態から管理しているだけあって、面
白い様な上品さと滑らかさが両立している印象でした。
1900年代創業の老舗家具メーカーなのに、何か新しさを感じます。
WALTER KNOLLといえば映画などでも良く使われていますよね。
DSCN2847.jpg
WALTER KNOLL JAAN Armchair 780
個人的にこのアームチェアの、直線を生かしたデザインに感動しまし
た。

(基本的にWALTER KNOLL社は、レザーの調達は北欧などの自社生産)

WALTER KNOLLは他社からレザーを調達せずに、自力でレザーを製造し
ています。
しかも、一度自ら作ったレザーから更に選択して家具を製造。一環生産
の上に、更に厳選してレザーを使用するのだからこれだけの深みのある
ブラックレザーなのでしょう。

特にウォルターノルのレザーは、ドイツの標高の高い地域と北欧から
牛を育てる所から生産を開始しています。

なぜ北欧や標高の高い地域かというと、虫などが少なくよりコンディ
ションの良いレザーにこだわっているから。

しかも、牛の食べ物も良質な牧草……とにかく徹底しています。

他社のレザーは、どうしてもレザー業者任せになってしまう部分もあ
りますがWALTER KNOLLは自力で生産しているので、レザーの品質に自
信があるのでしょう。

(レザーの特徴
大変コンディションの良いレザーを使用しているため、特別な加工を行
わないそうです。
(品質の悪いレザーは、型押しなどのプレス加工で誤魔化す場合がある)
つまり、通気性が良くその上、耐久性もよいのが特徴。

(フルグレイン・レザーを使用した高品位な家具)
フルグレイン・レザーとは、虫さされや傷の加工処理をしない自
然なままの高品位なレザーです。自然なままのレザーを楽しめる
のが特徴。

基本的に温度や湿度まで管理されたレザーですので、肌触りがなめ
らかで上質感が味わえるのもいいですね。
皮本来の自然な美しさを楽しめる家具と言えるでしょう。

DSCN2846.jpg
驚いた事にテーブル系まで、光沢のあるブラック。



(デザイン)

WALTER KNOLLはレザー家具の製造をしつつ、有名デザイナーを
採用して新しい家具へのチャレンジも積極的に行っています。
JAAN Armchair 780 はデザイン集団EOOS(エーオス)の作品。
eoos.jpg
(マルティン・ベルグマン、ゲルノット・ボーマン、ハラルド・グリュンデル)

直線的かつ、スクエア形状という伝統的なソファーの技法を守り
「重厚感」を演出しつつ細くも繊細な脚部で、軽さを演出してい
るのが特徴です。
もちろんこのレザーを高い技術で貼り合わせたWALTER KNOLLの
職人達の技術も注目です。
WALTER KNOLL JAAN Armchair 780
icon
IMGP6270.jpg
日本に向けて発売されたエレクトロラックス社の紙パック式高性能クリーナー
「ergothree」。
この掃除機の北欧家電らしいデザインに大変惹かれたんですよね。

ところがお話をうかがっていると実は、大変高性能なクリーナーだという事が
分かりました。
いや、実はデザイナーズ家電のショップなどで良く見かけていたので、デザイン
がメインの掃除機と思っていたのですが。
実は日本向けという事で、エルゴスリーは世界トップクラスの性能を誇るらしい。
DSCN3684.jpg
IMGP6272.jpg
とりあえずエルゴスリーが有する、大きな3つの特徴をあげると

国内最高クラスのパワー
(ドイツSLGで測定した際、ダストピックアップ率[ゴミを吸い上げる能力]は
世界トップクラス)

サイレント(夜中に掃除しても大丈夫。音楽を聴きながらでも掃除できる)

クリーン(排気が、きれい。ゴミ捨てが紙パックなので衛生的)

自分が一番感心したのは、クリーンかつ衛生的というポイントについてですね。


社員の方からエルゴスリーについてお話を聞くと、なんと空気清浄機に使われて
HEPAフィルターを搭載している点に驚かされました。


今回はクリーンという点に絞って紹介したいと思います。
DSCN3709.jpg

まあ、この部分にフィルターが隠されているので見てみましょう。
DSCN3707.jpg
空気清浄機に使われるHEPAフィルターですよ。
こんな凄いフィルターが排気フィルターに使われているなんて驚
いたなあ。
(0.05ミクロンの超微粒子を99.5%以上除去)
これなら花粉も除去してしまうではないですか。
つまり、空気清浄機を掃除しながら動かしているようなものです。

DSCN3690.jpg
ちなみに排気は斜め上に放出されるシステム。
だから排気によって、床に落ちているゴミを巻き上げ無く
て済む。
DSCN3702.jpg
あと、排気がクリーンなのもこの紙パックにポイントがあるそうです。
DSCN3703.jpg
しかし、この紙パックのデザインがかっこいい。
なんと廃棄時にゴミが舞い上がるのを防ぐ為のシャッター付き。
こういう所も北欧家電なんだろうな。
DSCN3704.jpg
あと排気がクリーンな理由の一つとして紙パックに秘密が。
なんとエルゴスリー専用ダストパックには5層の合成繊維素材が使用
されているそうで。
(具体的には赤ちゃんの紙おむつに近いとか)
空気をしっかり流しつつ、ゴミをキャッチする機能という訳か。

つまり5層素材の紙パックと、空気清浄機に使われるHEPAフィルターの2段構えで
空気をクリーンにするシステムだったんですね。
DSCN3705.jpg
花粉症やホコリの超微粒子、PM2.5対策にいけそうですね。
部屋にはクリーンな空気だけを排気するわけで。

つまり、部屋を閉め切った状態でも清掃が可能という訳です。
夜にマンションで部屋を閉め切った状態で清掃しても、音は静かだし
なおかつ排気がクリーンだからOK。
DSCN3706.jpg

ちなみに、本体にはしっかりと空気漏れしないようにシールド
(密閉)されているので排気がどこからも漏れない仕組みになって
いる。
だからこそ、強力な吸引パワーを発揮できるんでしょうね。

仮に家の掃除機で何かしら臭いがした場合、本体のどこからか
排気が漏れている可能性があるそうだ。
(特に、車輪の部分は一番漏れる可能性があるらしい)I
DSCN3696.jpg
パイプ接続部にゴムパッキンでシーリングすることにより、空気漏れを防いでいる。
また音漏れ防止や、空気の流れを効率化するらしい。


DSCN3694.jpg
なるほど、こんな接合部の空気漏れすら許さない訳か。

ちなみに、ホースをセットしたり、カバーを開閉したりするとき「カチリ」と
大変心地よい音が。
なんでも、接続音やボタンを押す心地良さまで計算しているとか。
たしかに、開閉時にがちがち変な音がしたら不快ですよね。
DSCN3710.jpg
伸縮可能なホース。
かっこいいブレードみたいなホースで心が弾みます。
すーっかちっと、心地よく伸縮可能。これは楽しい!
DSCN3701.jpg
ちなみに、グリップは片手で持ちながら心地よくボタン操作可能。
DSCN3699.jpg
なんとヘッド部は前方だけでなく、左右から吸い込む事が可能だそうだ。
細かい隙間も掃除出来る工夫なのかな。
吸引の際の空気の流れを適正化しているので、音が静かだったり、吸引パ
ワーがあるんでしょうね。
DSCN3714gbg.jpg

(エレクトロラックス社の日本におけるサポート体制について)
なんと掃除機本体に、サポートセンターの電話番号が記載されて
いました。
おお、やるなあ。さすが世界有数の家電メーカー。
できるだけ48時間以内に対応出来るように、しているとか。
(さすがに、土日をはさんだ場合は無理らしい)

パワーや静音性はともかくとして、空気清浄機並みのクリーンな排気
システムを搭載した掃除機として覚えておいても損はないかと思います。
まあこれなら花粉や、PM2.5 とどこまでも戦える訳ですよ。
DSCN3712.jpg
今回エルゴスリーの解説をしてくださった、エレクトロラックス社員様。
色々お世話になりました。
エレクトロラックス ショップ
DSCN3602.jpg
IMGP6307k.jpg

北欧家電メーカー、エレクトララックス社の最新型ステック式クリーナー
「Ergopower plus」

エルゴパワーのテーマは「常識を超えるパワーに、コードレスという自由を」

コード式掃除機を超えるパワーと、長時間可動可能なバッテリーを搭載した
機能をデザインに落とし込んだハンドクリーナー。

このエルゴパワープラスは、日本人男性のライフスタイルまでデザインして
しまった、画期的なコードレススティッククリーナーなのです。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。