スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN5548.jpg
(USN Kitos Table USMキトステーブル)

円形のテーブルなので、なんだっけ?と思っていたら
USMハラーシステムズ社のカスタマイズテーブルシリーズのKitosではないですか?

元々はワークスペース用に長方形などで組まれたテーブルなんですけど。
ワークスペースの空間や、使い勝手に応じてカスタマイズ可能なんです
よね。
DSCN5551.jpg
この円形のキトステーブルは、コラムや、トラバース、サポート用の脚を
まるで植物の幹のように組み合わせて、ワーキング用というよりは私的な
プライベートテーブルとして構成されております。
しかもドイツWALTER KNOLL 社のレザー系家具、リズチェア
と組み合わせる事により、リビングなどにおける使用例を提案
していますね。
DSCN5552.jpg
元々USN Kitos Tableは高品質かつ堅牢な構造が特徴。
しかし機能性だけではなく、デザイン性も優れているので非常に長期に渡り
楽しめるのもいいです。
しかも、天板のカラーリングは様々に選べるし、木材なども選択可能。
(そういえば御影石というオーダーも出来るそうですよ? 本物の石材かな?


高さ調整機能や天板傾斜調整機能を付加することも可能なので
やはりオーダーメイドの楽しさもありますね。
DSCN5554.jpg

同じく、スイスのシステムファニチャー「USM Modular Furniture Haller」
を見てみましょう。


なんとカラ―オーダーがグリーン!

このUSMはグリーンカラ―で、ショーケースユニットとして構成されているところに
面白味を感じます。



着色は、精度が高く耐久性のあるパウダーコート(粉体塗装)が施されています。
鮮やかな発色と、強い塗膜が特徴。


(静電気の力で色を吸着させる為に、化学薬品を塗装に使わなくて済む)
パウダーコートは無溶剤塗料であるために、廃水処理問題もなく、回収した塗料
は再使用も可能。
DSCN5556.jpg
これはテーブルとワゴンを同じくグリーンカラ―で統一。
ブックシェルフやキャビネットなどにも、USMで組んでしまえ
るのだから、たまりません。

ワゴンにはキャスターもついているので、レイアウト変更も容易。
DSCN5555.jpg
天板に透明感があるのは、ガラス天板を用いているからです。ガラスの天板のアクセント
加えることで、透明感のあるグリーンイメージになっています。

TV台として使われている方もいらっしゃるので、家電やインテリアとの親和性が高い
という長所もあります。
まあ、それだけ頑丈に出来ているという事でもあるのでしょうけど。
hhstyle.com
スポンサーサイト
DSCN6184.jpg
DSCN6244.jpg
なんと、持ち運び出来るダクト形状の送風機ですよ。
コンパクト型扇風機という認識でもいいのではないでしょうか?

(感想)
ダクトから、集中した風がその冷やしたい場所に向かって一気に
吹き付けます。
そこから、体前進に風が広がるという未体験の冷却効果が楽しめましたよ。

しかも伸縮&あらゆる方向にホースを向ける事が出来るのですよ。
普通扇風機なら、どうしても風を送る角度とか位置が限定されてしまう
ではないですか?
このエレファンは、360℃ありとあらゆる角度がOK。

一番感動したのが、顔に風を当てた時ですね。
一気に風が集中的に冷却してくれて、天国、天国。

ただ、弱点はどうしても多人数には送風する事ができない点かな。
ただ、一個人を冷却する際には最高のゾウさん型扇風機だと思う。
DSCN6251.jpg

とにかく狙った箇所を、集中的に冷やしてくれるので
暑い時には快感。

しかもそこから、まるで爆発? したかの様に風が広がり体全体を
冷却。
また、扇風機の様に回転している羽が近くにある訳ではないので
非常に安全性が高いと思います。
DSCN6250.jpg
ホース内部を撮影。
手で簡単に、送風する場所を設定出来る。
しかし、MoMAも面白い扇風機を見つけてきましたね。
デザインもキュートなので、ショップの中においても
異彩を放っていました。
DSCN6243.jpg
右が電源ボタン。左のノズルを動かしで、風量を設定。
操作性は説明しなくもいい程、簡単。
だれでもアクセスし易いデザインになっています。
DSCN6240.jpg
特にこのノズルの伸縮が非常に楽しい。
サーキュレーターの中に、おもちゃ的要素が入っています。
確かに掃除も簡単そうです。
DSCN6239.jpg
説明書によると、なんとアロマアタッチメントまで付いているのですよ。
まさか、サーキュレーターでアロマを楽しめるとは思いませんでした。
DSCN6237.jpg
これはエレファンのミニサイズ。
その名も「ミニエレファン」
なんとUSB通電サイズです。

こうしてみると、本当にスペースを取らない扇風機というかサーキュレー
ターですね。

変な感想なんですがとにかく冷却効果が高く、狙った箇所を集中的に
冷やしてくれるのです。
だからこそ、サーキュレーターというより次世代の扇風機という認識
あります。
まだデザインがキュートかつPOPなので、インテリアに溶け込みやすい
という利点もあります。
プラスチック系家具が多いインテリアに向いているのでは?

個人的には玄関に置いて、帰宅時、一気に体を冷やしたい……。
エレファン(Elephant Fan)
icon

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。