Post image

ルイ・ヴィトン「スピンタイム」  ルイ・ヴィトンウオッチに関する重要なテーマとは何か?

画像(GINZA RASIN ヤフー店)よりルイ・ヴィトン「スピンタイム」ルイ・ヴィトンは2002年に高級時計市場に参入してきましたが、現在では軌道に乗っていますね。スイスのジュネーブ郊外に4000平方mという広大な「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」新工房を稼働。ムーブメントも外装も実に自由度の高い腕時計をルイ・ヴィトンは制作しています。ハムディ・シャティ氏ルイ・ヴィトン マルティエ ウォッチ&ファインジ...

Post image

パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010  ノーチラスをデザインした、ジェラルド・ジェンタならではの哲学とは?

パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010画像(GINZA RASIN ヤフー店)より1976年にお披露目されたパテックフィリップ のスポーティーモデル「ノーチラス」オクタゴン型(八角形)のフォルム潜水艦の窓からヒントを得た、丸みのある八角形ベゼル。左右にあしらわれた耳が特徴のデザインになっている。ちなみにこの「耳」は防水性の為にあしらわれた形状ではあるが、同時に薄さにも貢献しているデザイン。スポーツウォッチ...

Post image

超人気モデル「ロレックス コスモグラフ デイトナ」に関する、6つのミステリー。

超人気モデル「ロレックス コスモグラフ デイトナ」2017年度において、最も欲しい腕時計として人気トップになったモデルです。スチールベゼルから、セラミックベゼルにモデルチェンジしたことが人気に拍車をかけました。現在も流通してから品薄で、以前として価格は高値のままです。今回「ロレックス コスモグラフ デイトナ」に関する6つ謎を解説します。(どうして、ロレックスデイトナは人気なの?)(答え)常に、未知のジャン...

Post image

A.LANGE&SOHNE  ランゲ&ゾーネ グランド ランゲ1  数ヶ月かけて組み立てた時計を、一旦ばらしてしまう秘密とは?

A.LANGE&SOHNE  ランゲ&ゾーネ グランド ランゲ1ランゲ1を小さすぎると感じるユーザーの為に、大型41㎜のグランド・ランゲ1が存在する。2012年スイス・ジュネーブで開催されたSIHH(ジュネーブサロン)で、A.ランゲ&ゾーネは「グランド・ランゲ1」をお披露目しました。やはり注目すべきは左右非対称デザインですね。センターではなく、オフセンターに時計表示を配置。しかも右下に配置されたセコンドダイヤルも大き目で、自己主...

Post image

ブレゲ クラシック 7147(Classique 7147 BREGUET)  かつての王族達が愛した、初代ブレゲデザインをそのまま腕時計として愉しむ事が出来る

ブレゲ クラシック 7147BB/12/9WU現在流行しているフラットなドレスウォッチですが、なんとフランスブランドブレゲの自動巻き。厚さ2.4mmの機械式ムーブメントを搭載。自動巻きながらケースの厚みは6.1mm。スーツやドレスシャツを着用し易い極薄の仕様になっている。18世紀にアブラアン・ルイ・ブレゲ氏が考案したギョーシェ彫り。文字盤は一見シルバーに見えますが、実は18金の文字盤をシルバー仕様に仕上げたもの。(18金を...