TOKYO-POP(トーキョーポップ) 吉岡徳仁 driade(ドリアデ)社


icon
icon
TOKYO-POP(トーキョーポップ) 吉岡徳仁 driade(ドリアデ)社
icon
今や世界のTOKUJINとなった吉岡が、2002年に始めて
ミラノサローネに出品したポリエチレン一体成型の椅子。
ハニカム構造の紙製チェアHONNEY-POPを、よりポップ
に進化させた一脚は、有機的なフォルムで話題に。

原料である白い半透明なプラスチック球を敷き詰めて、
雪が降り積もったような会場に製品を展示しました。
海の泡から生物が生まれるシーンを思わせるプレゼ
ンテーションは大きな話題となりました。

too.jpg

近未来の日本冬景色をイメージした展示構成会場も含め
デザイナーの分身のようなストイックさを印象づけた。
屋外使用も可能。

更に制作秘話として50脚も試作し曲線ラインの座り心地
を徹底的に追及してこの形状に決まったとか。
「一番ベストな形をしってるのは僕ですから」という台詞
も残しています。
詳しい情報はこちらからicon
Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。