Eames Wire Chair DKR-2/Fabric(イームズ ワイヤーチェア ディーケーアールツー/ファブリック) チャールズ&レイ・イームズ Herman Miller社


icon
icon

Eames Wire Chair DKR-2/Fabric(イームズ ワイヤーチェア ディーケーアールツー/ファブリック) チャールズ&レイ・イームズ Herman Miller社
icon
イームズのチェアはコレクション用ではなく、多くの方に
愛される名作は種類も豊富で注目です。
成型合板、プラスチック、ワイヤーの次にイームズが選んだ
素材はメッシュ。シェルサイドチェアDSRシリーズ同様のアウト
ラインを持ちます。
1951年に発表された作品です。
ワイヤーメッシュチェアにシートパッドとシートを付け、その形状
から通称「ビキニ」と呼ばれています。

シートパッドの形状やカラーにバリエーションがあるのもポイント(*^_^*)
アートオブジェのような美しさを表現しつつ正確に設計されています。
ちなみにDSRは脚の種類が豊富ですが、DKRは画像の通りエッフェル
ベースのみです。
まあ、木製の脚とかはワイヤーなDKRには似合いませんよね。
個人的な感想ですけど、エッフェルベースとワイヤーのクッション性
を楽しんでもらいたかったのかな? と思ったりします。

ワイヤーチェアは背と座への負担を軽減し快適な座り心地なので
あくまで、美術品やコレクションとしてではなく、実用品として楽しみたい
ものです。

63ffff3645e2b7fe.jpg

チャールズ&レイ・イームズ
イームズ夫妻は多くの方に、素敵なデザインのチェアを提供する為に
20世紀当時の新素材を、次々と取り入れています。
もし今の時代に生きていたら、どんな作品を作り出すのでしょうね?
詳しい情報はこちらからicon
Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。