635 RED AND BLUE(レッドアンドブルー) GERRIT THOMAS RIETVELD/ヘーリット・トーマス・リートフェルト カッシーナ

635_mainLarge.jpg
635 RED AND BLUE GERRIT THOMAS RIETVELD/ヘーリット・トーマス・リートフェルト
icon
オランダデザインの巨匠リートフェルトが設計した1918年の作品です。


木材を組み合わせただけでできたこの椅子は、当時職人技に
こだわっていた椅子の製造方法をあえて排した手法をとって
います。

職人のジョイント方法ではなく、直角の交差と接続パーツをもって
組みあげます。(木材をレゴブロックの様に木製のクギで部材同士
を接合)


つまり、あくまで椅子のデザインを直線と平面に変換したリートフ
ェルトならではのチェアですね。
ちなみに20世紀当時、リートフェルトはいかにリーズナブルに椅子
を作る為に考え抜き、角材と板材を取り入れています。

そうすることで、現代的なデザインになったといえるのでは。
画家のモンドリアンにインスパイアされて、色は三原色と黒で表現
されています。原型は塗装しなかったそうですが。

座ってみると見た目よりすごく座り心地がコンフォート(快適)なの
は注目です。座面と背面に体に心地よい角度を計算しているあたりが
秀逸です。

72fefc655ebf3c04.jpg
ヘーリット・トーマス・リートフェルト

天才建築家、天才家具デザイナーとして有名。
彼は最後まで、リーズナブルかつ使いやすい椅子作りにこだわりました。
面と線と色彩によるデザイン力は、彼の建築デザインなどにも生かされ
ています。
635 RED AND BLUE GERRIT THOMAS RIETVELD/ヘーリット・トーマス・リートフェルト
icon

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。