試座体験 OLIO 1009 Stacking Chair (オリオ 1009 スタッキングチェア) カッシーナ・イクスシーR&Dチーム

IMGP1592.jpg
IMGP1591.jpg
OLIO 1009 Stacking Chair (オリオ 1009 スタッキングチェア) カッシーナ・イクスシーR&Dチーム
icon

オリオチェアに試座してみましたが、かなり快適性が高いモデルで
す。
アルミのフレームが、適度にしなり体の重みを受け止めてくれます。
腰、背中、太ももに均等に体重が分散しますね。

基本的に。アルミフレームと再生紙で出来たチェアですが、堅牢性は
十分あると思います。

ポリエチレン製のチェアとは違い、100%再生紙であるファイバー
ボードのシェル成形方法はプレス成形。


驚いた事に、すでにこのオリオチェアのオリジナルはデザイナーの
プライベートチェアとして10年前に登場していて、現在でも現役で
使用されているとか。
(カッシーナ・イクスシーR&Dチームにより、1991年に開発されました)

他のデザイナースチェアと同じく、スタッキングも可能。

軽くて、収納にも適しているので引っ越しなど多い方にも。

IMGP1594.jpg


そうですね、あと手で持ってみて思ったのですが、恐ろしく軽いですね。
背面も、きちんと風格があります。


IMGP1595.jpg
IMGP1593.jpg

ユニークなのが、シェルにボードが貫通した形状になっていますね。
まるで焼き鳥の様で面白い。


私が使用するとすれば、食事や日常生活に使いたいというところ。
椅子の移動も楽だし、むしろリーズナブルにカッシーナのデザイナーズ
家具を、導入してみたい方には相当お勧め。


あくまで個人的な考えですが、アルミと再生紙を使用していますので
環境負荷は少ないと思います。
IMGP1596.jpg
再生紙シェル(ボード)で出来た部分は、高級感があります。
紙というよりは、高級木材を丁寧に塗装した様な。
暑くても、寒くても、さらさらした肌触りを楽しめそうです。
実は一番この高級感のある光沢感が気に入りました。
FRPやポリエチレンとはまた違う、高級感。
ちょっとおもしろいですよ、これは。



ビジネス関係でも評価されているようで、富士通などのメーカーに
80脚程発注された実績もあります。

でも、個人で仕事やプライベートにも、お気楽に楽しんでみても
いいかなと思いますね。

OLIO 1009 Stacking Chair (オリオ 1009 スタッキングチェア) カッシーナ・イクスシーR&Dチーム
icon

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。