NORMA [アームチェア]ミケーレ・デ・ルッキ Alias / アリアス

チェアssd
60年代を代表するデザイナー集団……いや思想集団とも言える
スーパースタジオの設立者の一人ミケーレ・デ・ルッキのアーム
チェアです。

どういう訳か、ミケーレ・デ・ルッキがチェアをデザインする際
丸みを帯びた曲線を上手にデザインに取り込んでいる節があります。

あと、やはり機能性を十二分に持たせていますね。このNORMA
以外にも、降り畳みチェアをデザインしていたりしますが
あくまで観賞用のチェアではなくて、実用的な印象を受けます。

やっぱり、椅子は部屋から部屋に移動する道具としてとらえて
いるのでしょうね?

下の画像を観て分かる様に、とにかく稼働部分があまりに多くて
(ワークチェアの中でも、ここまで可動部が多いモデルも珍しい)
驚かされます。

トロメオ マイクロという名作ランプがあるんですが、やはりその
ランプも可動部が多くてユーザーの為に設計されているといった
印象を受けます。

hbjvgh.jpg
オフィスチェアは、エルゴノミックな機能は十分。
背部分にはランバーサポート機能があり、腰椎及び背骨のサポートをします。


guffhj.jpg
やっぱりこのチェアは、ユーザー次第でどうとでも変化してくれる
機能美を持っていると思います。

de_lucchi.jpg
MICHELE DE LUCCHI
1951年生まれのミケーレ・デ・ルッキは、エットレ・ソットサス
Jr.などと80年代のイタリアで活躍した巨匠建築家。イタリア
ンポストモダンの旗手ともいわれる。現在はカルテル社、フォン
タナアルテ社、ポルトローナ・フラウ社などの企業と組み、照明
や家具を意欲的に発表している。

NORMA [アームチェア]ミケーレ・デ・ルッキ Alias / アリアス
icon

Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。