KANON [L字ソファ] 酒匂 克之氏 ixc.East by Eastwest 「ズレ」をデザインした個性的なソファ

i_ew_kanon02_001Large.jpg
インテリアデザイナー酒匂克之氏がデザインしたKANON L字ソファです。

酒匂克之&山田尚弘のユニット「MITIITO」
JCD DESIGN AWARD 2011で金賞を受賞したのもすごいですが、なんとなく
空間構成や線「ライン」の使い方がとても上手いお方だなあ、という印象。

ところでこのKANON sofaについてですが、シート部分、アーム部分
バックをわずかに「ずらす」事で、その「ずれ」を全体としての
デザインに取り込んで調和させています。

確かに、バックやアーム、シートなどの高さや配置にわずかな「ずれ」
がありますね。

普通直線をずれない様に計算してデザインしたり、設計したりする
ものですが。
発想の逆転ですね。

また、全体の直線的な美しさを維持する為にクッションのボリューム
をコントロール。
シート部にはユーザーの体に合わせて、快適性になるように一個一個
独立したスプリングを採用。

ユーザーの体重や体圧に合わせて、ポリウレタンフォームが沈む様に計
算されています。

この辺りはカッシーナのお家芸ですね。

i_ew_kanon02_002Large.jpg
クラシックのカノンも音程のズレが魅力ですが、その「カノン」を
酒匂克之氏が表現したソファです。

ラバーウッドのベースフレームが和の木組みを演出してくれるのが
魅力ですね。

このホワイトの立方体一つ一つは独立しているのに、全体として
調和している……つまり「和風」なソファと言ってもいいのでは。

「ズレ」と「調和」がカノンソファの魅力ですね。大変個性が強い。

KANON [L字ソファ] 酒匂 克之氏 ixc.East by Eastwest
icon
Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。