514 REFOLO CHARLOTTE PERRIAND/シャルロット・ペリアン Cassina / カッシーナ

c_514refolo003Large.jpg



あのシャルロット・ペリアンデザイン、モデュラーシステム「 514 refolo」
ですね。

設計思想は金属パイプのフレームに革のクッションを嵌め込む
様式のソファ「LC2」の流れを組んだデザインなのは間違いありません。

30202.jpg

514 refoloの場合金属パイプのフレームではなく、あくまで木をベースに
していますね。更にクッションの配置次第で、テーブルにも、TVキャビネット
にも、ソファにも、ベンチにもなる点が興味深いです。

更に注目すべきは、高さが低いという事です。東京でペリアンが自身のために
デザインしただけあって、日本の床文化に合わせて低い高さに設定している
点です。

つまりレフォロは一見すると、和洋折衷なデザインをしていますが実は日本
文化に大きく依存したデザインをしているのではないでしょうか?

どうしても日本の床文化にはクッションは使いずらいですが、レフォロは
実用的に使えると思うのです。
まあ、あくまでクッション的な使用をする場合ですが。
Charlotte Perriand 001
シャルロット・ペリアンが日本文化を相当理解していたという
事が分かる、ちょっと凄いシステムですね。

c_514refolo007Large.jpg
ベースの材質にオーク材(ナチュラル塗装仕上/ブラック染色塗装仕上)

クッション(背座/アーム/座)部分にはカッシーナお得意のモールドポリ
ウレタンフォーム・ポリエステルパッディング・革張込。

更にユーザーのインテリアに合わせてオリジナルファブリック張込みも
できるというのだから、かなり自由度が高いインテリア家具です。


514 REFOLO CHARLOTTE PERRIAND/シャルロット・ペリアン Cassina / カッシーナ
icon
Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。