518 PLURIMA 518プルリマキャビネット・ロータイプ CHARLOTTE PERRIAND/シャルロット・ペリアン Cassina / カッシーナ

S シェルフ
シャルロット・ペリアンの新作……いえこのたび復刻されたカッシーナの
家具は、可動式パネルが、日本の襖をイメージさせる本棚PLURIMA(プルリマ)
ですね。

または、茶室に付随する、点前や茶事のための準備をしたり、片付けをしたり
器物を納める水屋にも似ている?
いずれにしても、かなり強烈に日本文化を意識したデザイン。

photor1.jpg

シャルロット・ペリアンは1940年年代、輸出工芸指導顧問として来日。
その間、畳や日本家屋を取り入れた家具作品を数多く残しています。

ル・コルビュジェの所でシャルロットペリアンはスチールやアルミを取り
入れた名作を残しています。
日本においては、竹などの素材や日本家具の様式を更に作品に取り入れて
いる姿勢に感銘を受けます。

ですがなんとなく、茶室の影響を一番受けている気がします。

ベース・シェルフはオーク材・ナチュラル塗装仕上。

バーティカルパネルはMDF(ホワイト・ブラック塗装仕上)

しかし、注目していいのはスライドドアにシャルロット・ペリアンらしく
アルミニウム・サテン仕上を採用している点です。
やはり、現代家具としての姿がそこにありますね。



c_518plurima001Large.jpg
518 PLURIMA 518プルリマキャビネット・ロータイプ CHARLOTTE PERRIAND/シャルロット・ペリアン Cassina / カッシーナ




Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。