Wooden Chair ( Marc Newson マーク・ニューソン)Cappellini カッペリーニ社

IMGP3714.jpg
イタリアカッペリーニのWooden Chair。
凄い衝撃的なデザインですね。
hhstyle.com 青山本店にて展示中。
これ、どうやって座るのか思わず考え込んでしまいました。
しかも、これ一本一本の木材を曲げ加工してある。
こんな面倒くさい家具を作るのはカッペリーニ社らしいですね。

一本一本計算して曲げ加工したかと思うと背筋が寒くなります。

確かに最近マーク・ニューソンといえば、PENTAX K-01とか
Auのデザインとかなんとなくデジタルな印象がありました。
しかし、この全体的な曲線具合が彼らしいといえば、彼らしい
です。

IMGP3717.jpg

反対側から見ると、更に複雑な形状にうなり声が出てしまう。
そう言えばマーク・ニューソンはグラスや、自転車など「動く」
製品のデザインが凄く上手い。

もしかしたら、見た目だけではなく、快適性を重視したアートチェア
なのかもしれない。
どうやって(どのような技術で)、この形状に成型したのだろう?
分からんなあ。

IMGP3718.jpg
脚の部分を見ると、一本一本の木材が丁寧かつ精密に金具で固定されて
います。
Wooden Chairの魅力は、案外こういうポイントに隠されている。
あと不思議に思ったのですが、とにかく巨大なチェアです。
(もちろん上品でもあるが)
なのにエレガントさが、にじみ出ている不思議さがあります。
夏には、海を感じさせる清涼感がありますね。
hhstyle.com
Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。