Eames Molded Wood Chair Wire Base イームズ ウッドシェルチェア ワイヤーベース

093001200sm1.jpg
イームズのシェルサイドチェアといえば樹脂で作られたという点が
最大の特徴です。
そのシェル部分を、なんと樹脂製からウッド製にしてしまったシリー
ズですね。

しかも脚の部分はエッフェルベース。
つまり弾力があるクッション性が高い脚部と共に、やはりコンフォー
ト性の高いウッド製のシェルを組み合わせた事により、通常モデル
より、快適性が高い仕上がりになっているのではないでしょうか?
093001200sm8.jpg
093001500sm26.jpg
やはり注目すべき所は、シェル部の木目の美しさを木材の素材別に
選択出来るという点です。
ウォールナット、ホワイトアッシュ、サントスパリサンダーの3種
の木材から選択可能。

実に面白い事に、シェル部にホワイトアッシュ、脚部のエッフェルベ
ースにトリバレントクローム
を選択すると、まるでテイストが違った趣になります。
となると、脚部とシェル部のコーディネートが重要になってきますね。
093001200sm9.jpg

ウッドで背と座が一体となった快適な座り心地のイームズチェアって、今
までにない形だわ。
現代の3D成型技術によって初めて可能になった21世紀型のシェルチェアで
もあります。
しかし、どうやって座面の局面をここまで滑らかに出来るんだろう……
後ろから見ると、明らかに補強が入っていますよ。
(2本のラインです)



シェル部や脚部などをユーザーの方でコーディネート出来る分、いくらか届く
までに時間がかかるのが
残念といえば、残念。受注生産方式だから仕方ないのでしょうけど。
いくらかコストもかかるのも、ねえ。
とはいえ、ハーマンミラー社が仕上げてくるのだろうから、強度や品質
と言った点においては信頼感があります。
093001500.jpg
Eames Molded Wood Chair Wood Dowel Base
イームズ ウッドシェルチェア ダウェルベース
これは脚部を4本の木材とワイヤーを組み合わせたものですが、シェル部も木製
なので、まさに木材で作り上げられたイームズチェアって感じですよ。

もちろん脚部も現在の技術によって復刻した部分でもあるので、オリジナル
に比べて強度を確保しているのも特徴です。
こうしてみるとイームズシェルチェアのコーディネートの自由度って楽しいなあ。
その内、オールスチールとか、メタリックなテイストのイームズチェアとかも
登場してきそうな勢いではないですか?
Eames Molded Wood Chair Wire Base
icon
Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。