エッグチェア The EGGトード・ボーンチェファブリック  アルネ・ヤコブセン Fritz Hansen(フリッツハンセン)社


icon
icon

icon
icon
「The EGG」トード・ボーンチェファブリック  アルネ・ヤコブセン Fritz Hansen(フリッツハンセン)社
icon
エッグチェアは、北欧建築の傑作と言われるSASロイヤル
ホテルの為に、ヤコブセンがデザインしたラウンジチェアです。
いわばSASロイヤルホテルの備品である椅子がいつの間にか
独り立ちした訳です。
a_sus_10.jpg
a_sus_05.jpg
SASロイヤルホテル。今も1960年代当時のままです。
部屋の番号は「606」

一応1960年代にデザインされ、当時最先端だった発砲ウレタンが
採用されました。
一応その当時はハイテクチェアだったわけなんて面白いですね。

ところでこのエッグチェアの唐草模様のファブリックはトード・ボーンチェ
がデザインしたものです。木々や花、葉、動物、鳥や蝶などの姿がしな
やかな線で表現するのが上手い方です。
とーと

ヤコブセンとトード・ボーンチェの夢のコラボレーション
のエッグチェアな訳です。
なかなかロマンテックなラウンジチェアだと個人的
には思います。
それにしてもSASホテルがなくなっても、このエッグチェア
は家具として生き残っていくなんて、不思議な気分です。
詳しい情報はこちらからicon
Theme: 家具・インテリア
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。